模擬授業

教員採用試験

【受かる模擬授業】教採用10分シナリオ「国語辞典はじめの指導」

模擬授業がイメージできないまま練習をしても合格はできません。まずはシナリオ通りに練習しましょう。10分間で国語辞典を教えるシナリオを通して、話し方、板書の方法、微細なポイントをお伝えします。これを読めば皆さんの合格がグッと近くなりますよ!
教員採用試験

【教採】合格実績ありの模擬授業シナリオ:理科「磁石につけよう」

模擬授業をやろうとすると何を言ったらよいか分からなくなります。今までは生徒側。これからは教師側。立場が変われば話す言葉も変わるためです。模擬授業頻出の理科「磁石」の単元を例にして、合格実績のある授業シナリオを紹介します。
教員採用試験

【教員採用試験】指示発問まるわかり模擬授業:社会「都道府県」

模擬授業ってどうしたらよいの?に答えます。先生が話す言葉をそのまま、板書をする言葉をそのまま、紹介しています。模擬授業の中でも頻出と言われる社会「都道府県」を事例として挙げていますので、受験生の皆さんがよりよいように変換して活用ください!
教員採用試験

【教員採用試験】『どこも受からない人』から『全部受かる人』へ

毎年落ち続ける人もいれば、受けた自治体すべてから合格をもらう人もいます。それは『人物重視』だからです。自治体対策が不要とは言いませんが、それ以上に面接対策が必要です。今年合格するための練習方法について紹介します。
教員採用試験

【教採一次合格】二次を突破するための面接対策や模擬授業対策

教員採用試験の二次・三次試験を突破していくためには今までと異なる対策が必要です。一次試験突破を喜ぶ気持ちは持ちつつ、これからどのようにすれば本当の意味での『合格』を手にすることができるのかを、面接と模擬授業という重要ポイントから解説します。
基本

【教採一次終了】燃え尽きた受験生必見!粘りで合格する二次対策

6割の方が一次試験後に「燃え尽き」を起こします。できるだけ短期間のうちに、そこから抜け出すための方法について紹介します。この期間からでも間に合う面接・小論・模擬授業といった二次対策についても具体的に紹介します。教採合格に必須の知識です。
教員採用試験

【教採アンケート】短期学習のポイントはメタ認知とトレードオフ

「今からでも教採って間に合いますか」教採コンシェルジュのカウンセリングで、よく聞かれることです。間に合わせられるかの確定はできませんが、一緒に相談しながら『メタ認知』『トレードオフ』について学びます。これで一気にスイッチを入れて、勉強を始めてくださるからです。
基本

■教採にまつわるお金の話■無料で受験できるのに35万円かかると言われる理由

受験自体は無料の教員採用試験が、費用は平均35万円かかっています。特に気になる『学習費』。これを見ていくと合格者の傾向がはっきりとしてきました。人物重視対策をしている方の合格率が高いのです。どのような対策をしたらよいかをお金の面から考えます。
基本

【合格者に共通する勉強法】教員採用試験を突破する「分野別」5つの対策

やみくもに学習して受かるほど教員採用試験は甘くありません。分野別に対策方法も必要な時間も異なります。筆記、模擬授業、面接、実技、生活習慣、様々な観点から『合格者に共通する勉強法』を紹介します。教員採用試験突破に必須の具体的な考え方の紹介です。
教員採用試験

「教採の模擬授業」と「普段の授業」の共通点と相違点

模擬授業で身に付けた「授業力」には、現場で使えるものと試験用の内容があります。しかし、どちらも大切です。それを知り、教員採用試験を受験すれば合格に近づきますし、4月に学校現場に出たときには即戦力として活躍できます。模擬授業練習の前に必読の内容です。
タイトルとURLをコピーしました