【教採一次終了】燃え尽きた受験生必見!粘りで合格する二次対策

基本

ほぼ全員燃え尽る

「一次試験終わった!」という声。
『終了』という意味だけではなく『落ちた』という意味でも使っていませんか。
お気持ちは分かるのですが、そういう受験生の方は、

全体の約60%

いらっしゃいます。

それを指し示す数値として、例えば『検索数』があります。
googleなどで検索するワードです。
一次試験が終わり、合格が出るまでの2〜3週間で教採関係の検索数は、ピーク時の約40%まで減ります。

『終わった』のはあなただけではないのです。

教員採用試験は、次のようなスケジュールで組まれています。
(自治体によって異なります)

一次試験当日7月上旬
A : 約2〜3週間
一次試験発表7月下旬
B : 約2〜3週間
二次試験当日8月中旬

このAの期間に「燃え尽きっぱなし」でいるか、「早めの復活」を果たすか、これによって合否が大きく変化していきます。

復活のきっかけは『システム化』

とはいえ、やる気はなかなか起きません。
人ですから、一度やり切ると復活が難しいのです。

そういう時は、

やる気を出すのは止める

ようにしましょう。
その代わりに、

システムとして動く

ようにしてしまうのです。
この時間には〇〇の練習をする、のように決めてしまう。
そこに『やる気がついてこなくてもやる』という形を作ってしまいましょう。

こうした学習法は脳科学からも立証されています。

受験脳の作り方:脳科学で考える効率的学習法(池谷裕二氏)

などは参考になりますので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

簡単にお伝えすると、やる気が起きてからやるのではなく、勉強しながらやる気を自然に起こすような形です。
60%の方が勉強していない期間、システム化で乗り切ることによって、グッと合格が近づいてきます。

システム化の具体例1『起きたらすぐ』

皆さんにも実感があるかもしれないことを、脳科学のお話と共に紹介します。

起きたらすぐは学習環境としては最高ランク

によいです。

これはレミニセンスという現象が元になっています。
寝ている間に記憶が整理されるため、朝の起き抜けの時間帯は記憶力が高い状態にあります。
そこで勉強をしてしまう。
とりあえず机に向かえば8割は成功です!

暖かい(暑い?)時期ですし、早起きもしやすいかと思います。
この季節にだからこそ挑戦してみる価値はあります。

システム化の具体例2『食事の前に』

記憶力は生命の危機にある方が高まります。
といっても、教員採用試験で生命の危機は感じないですよね…

ここでいう生命の危機はもっと軽いものです。
例えば、満腹と空腹。
満腹の時は動けない、空腹の時は集中できる、といった経験は多くの方にあるのではないでしょうか。
これは軽いレベルの生命の危機だからです。

と考えると、

家に帰ってから食事をする前に1時間

といった形で勉強をすることは、かなり効果が高いと考えられます。

『ヒトを見られる』ための対策

二次試験では、ヒトを見ます。
教員採用試験の用語で、…
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました