【教員採用試験】合格者に共通する『受かる面接』5つのテクニック

教員採用試験

テクニックは「ハート」と「技術」の2つに分ける

「テクニックって技術のことですよね」
教採コンシェルジュで、面接についてお話ししているとよく言われることです。

この答えは、点数にすると50点。
半分です。

残りは、ハートです。

ハートが50点
技術が50点

です。

皆さんもそうではありませんか?

例えば、スポーツのコーチ。
技術があっても、冷たい感じだと、何となく敬遠してしまいますよね。

児童生徒と接する皆さんだからこそ、

ハートを見せることもテクニックの一つ

なのです。
それを教員採用試験で出せるようにしていきましょう。

テクニック1:とにかく堂々と!

話す内容は大切です。
しかし、それ以上に、そして何よりも大切なのが雰囲気です。

こういったことは精神論ではなく、多くのビジネス書などにも書いてある重要な気持ちの作り方です。

試験官から、この受験生は元気だな、明るいな、と思わせないと、話が入っていきません。

「なんか暗いなー、緊張しているとはいえ、この子は現場に出てもこのままなのだろうな」
と思わせてしまってから、何を話しても伝わらないのです。

入室前、扉の前での数秒間。

受かる!明るく!堂々と!

と思ってから扉に手をかけましょう。

テクニック2:笑顔を「自然」に作る!

ご自身の笑顔を見たことがありますか?

記念撮影のように『作った笑顔』ではなく、意表をついて友だちから撮られて思わず笑っていたというような『自然な笑顔』の方です。

『自然な笑顔』を作れるように練習しましょう

とはいえ、自然な笑顔なんて作りにくいですよね?

しかも出すのは、緊張度が高い教員採用試験面接。

笑顔はある程度なら練習で作れるのです。

1 朝、洗面所へ行く
2 顔を洗う
3 顔を拭く
4 笑顔を作って30秒キープしながら目や頰を動かす
5 それらの筋肉の使い方を意識する
6 通勤通学時間やふとした時間に4〜5を意識して30秒を過ごす
7 それをスマホなどで確認する

といった形で一ヶ月ほど練習すると、自然な笑顔をコントロールできるようになります。
注意点は、

頰は笑って、目は笑わない

という状態にならないようにすることです。
怖いですから(笑)

テクニック3:問いに正対して答える

聞かれたことに答える…たったこれだけ。
なのに、それができない人が多いです。

試験官が聞きたいこと、
受験生が話したいこと、
この2つにずれがあることが原因です。

志望動機を聞かれていたのに、大学時代にがんばっていたことを話す。
信頼される教員を聞かれたのに、尊敬する教員を話す。
この自治体を受験した理由を聞かれたのに、自治体の魅力を話す。
こういったことが多くあります。

これは、…
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました