面接

スポンサーリンク
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】授業4:「特別の教科 道徳」の考え方

「特別の教科 道徳」の教科化にあたっての大きな課題は「評価方法」でした。記述式であること、大きなまとまりで考えること、個人ない評価とすることなど、他教科の評価との違いを踏まえながら、意見をまとめていきましょう。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】授業3:英語を話すことや外国語指導

新しく教科化された外国語科は出題が増えてきます。話せない、書けない、指導法もわからない、といった現状からどのように抜け出すかという『未来志向』を持って対応していくことがポイントになります。CLIL教育のような指導法も知っておきましょう。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】授業2:授業で大切なことを1つ挙げる

「1つだけ挙げるとしたら…」はキーワード系の問題です。「専門性」「評価」「ノート指導」「笑顔」「100点」、そういった中から1つを選択します。当たり前なのに意外とできないのは、1つと指示を受けたのに2つ回答すると言った「指示の無視」です。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】授業1:得意な教科は何ですか。

3パターンの回答があります。①正直に得意はないと言う、②得意な教科はないが好きな教科はあると言う、③仮に得意な教科を作りそれを回答する。どれでも乗り切ることは可能です。また、合わせて出題されることが多い「苦手な教科」も対策しておきましょう。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】教育論12:地域の方との連携の図り方

日本では教育の多くの部分を学校が受け持っています。この状態は学校が「開かれていない状態」だと言えます。この状態を「社会に開かれた教育課程」に変えようというのが現在の流れです。地域連携が面接で出題された際には、この話と接続していきましょう。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】教育論11:人権の尊重の考え方

人間関係や雰囲気は数値で表しにくいですが、確かに存在します。そういったものを「隠れたカリキュラム」といい、文部科学省でも重要視しています。知識理解だけではなく、いじめはよくないという雰囲気が出せるような学級経営を行うことが求められています。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】教育論10:生きる力についての考え方

『生きる力』には副題がつきました。『―学びの、その先へ―』という言葉です。標準的な回答では「生きる力=不可欠」なものが多いですが、少し違う視点で話してみるパターンとして、社会に開かれた教育課程といった考え方も入れておくことをオススメします。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】教育論9:体罰と懲戒へあなたの意見

「773名、発生率0.08%」という数値がありますが本当でしょうか?氷山の一角ではないかという意見もあります。一部の教員は、体罰はダメと理解ながらも、やってしまっているのが事実です。それはなぜか。そういった視点で物事を考えることが必要です。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】教育論8:教員研修についての考え

『ライフステージ』という言葉が教員研修について話題があがる時によく使われる言葉です。初任者の段階、中堅教員の段階、管理職の段階、それぞれのライフステージにおいて、何を学び、何ができるようになる必要があるのかを理解した上で回答することが求められます。
面接プリント

【教採面接対策無料プリント】教育論7:教育に最も必要な考え方

このような質問は何を述べても正解になります。試験官は何のために聞くかというと、受験生が「教育」をどのように考えているかを知りたがっているからです。短い言葉で根拠をもとに回答することで、しっかりとした受験生であるという印象を与えられます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました