【教採面接対策】公務員のメリット

公務員のいいところは?と質問をいただきました。

コロナ化での職業選択。公務員が上位に上がっています。教採を突破した後になる教員も公務員。

今回はそのメリットを4つあげます。

・給与が安定的に上がること
民間はその企業の数値や考え方に左右されます。公務員の場合は自治体ごとに規則がありますから、それに伴って上がっていきます。景気に左右されない、しかも50代までであれば安定的に上がっていく。これは大きなメリットです。

・福利厚生が手厚い
今日、その日に体調が悪いと言っても、まず休めないことはない。しかも、それに対するデメリットがなく、権利としてほぼ完全な形で認められている。他の仕事ではなかなかありません。

・復職や短時間勤務が選択しやすい
福利厚生と同じ枠組みですが、産休や育休、その後の短時間勤務など、民間よりも利用率が高いです。これは、自治体で制度利用率が計算されるからで、活用が推奨される土壌があるからだと言えます。

・信頼が厚い
クレジットカードを作る、家を購入するためにお金を借りる、そういった場面での信頼度は相当に高いです。夫婦ともにとなれば、相当の信頼度をもって、銀行さんなどは対応してくれます。

毎年同じことの繰り返しだ、コロナで対応が大変だ、長時間勤務が常態化しているなどなど、いわゆるブラックだと言われるようなことも多々あるのも事実です。しかし、それらが民間にはないとも言い切れません。そういったメリット部分も考えて、職業選択をしていきたいですね。

2022年教採の合格を目指す
すべての皆様へ

教採コンシェルジュSchool

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。