よくある質問

【入会を考えている】

Q:教採コンシェルジュはいくらですか。
月々2,980円です。
「マンツーマン講座」や「各種リアルセミナーや合宿申込」については別途料金ですが、これらの先行申込が可能です。

Q:教採コンシェルジュに加入すると、何ができますか?
現在8つの機能を月々2,980円で使うことができます。
①願書添削(3/31まで申込の方限定)
②週1回の面接・模擬授業対策などの対策Zoomへの参加
③上記のアーカイブ映像を活用したオンデマンド(動画)学習
④面接対策プリントのダウンロード
⑤受験生同士のコミュニティを設立・加入
⑥リアルセミナーや合宿への優待や先行受付
⑦自習Zoomへの参加
⑧先生コンシェルジュSchool入校

Q:入会はどうしたらいいですか。
下記ページより申込ください。
申込が完了しましたら3営業日以内に「教採コンシェルジュSchool」のIDとパスワードをメールでお届けします。

教採コンシェルジュSchool申込ページ

 

Q:クレジットカードを持っていないです。
月額制のため、クレジットカードでの申込をお願いしております。

Q:マンツーマンのレッスンはできますか。
別途料金になりますが可能です。
ただし、定員となっている場合はお受けすることができませんので、その際はご了承ください。

Q:LINEグループ「pallet」って何ですか?
教採コンシェルジュが無料でお届けしているLINEグループです。
スタッフから皆様へ教採関連情報を不定期・無料でお届けしています。

【加入後の使い方】

Q:締切を超えての願書添削は可能ですか。
教採コンシェルジュSchoolメンバーは3/31までに申込いただけましたら、次の4〜5月に提出する願書の添削が可能です。
何度でも提出が可能ですので、ご納得いただけるまで、校正を行えます。
ただし3/31を超えての申込はお受け致しかねます。
自治体・校種などにより専任スタッフを配置し、申し込みくださった方の願書を複数回指導するためです。

Q:Zoomに慣れていないのですが、どうしたらよいですか。
初回は少し早めに入室ください。
入室リンクは、Schoolから届くメールやホームページ、palleteでお知らせしています。

Q:オンデマンド(動画)学習はどのような形で配信されていますか。
Schoolホームページに入っていただくと動画100本以上が閲覧可能になっています。
これまでの講義の他に、模擬授業やその解説、面接のポイントなども動画配信をしています。

Q:面接対策プリントが欲しいです。
こちらのホームページでもサンプルとして数本を公開しております。
頻出問題をすべて網羅した面接プリントはSchool内に設置しています。

Q:受験生同士のコミュニティとは何ですか?
Schoolホームページ内はクローズドなSNSの形態をとっており、それ自身がコミュニティになっています。
合格後、担任を持った際に、保護者や児童生徒が受験生の皆さんご自身の名前を検索しても見つけられない形です。
安心して、ご自身の学習の写真や記録を発信することが可能です。

Q:リアルセミナーや合宿への優待や先行受付はどのように行われますか。
まずは、Schoolメンバーのみにリアルセミナーや合宿の優待価格での告知が行われます。
その後、残席があれば、一般にお席を開放します。
令和3年度については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お席の用意は少なめになっております。

Q:自習Zoomへ参加したいのですがどのようにできますか。
Schoolホームページで入室リンクをお伝えしております。
週2回開催しています。
チャットを通じて、質問も可能ですので、ぜひご利用ください。

【退会を考えている】

Q:教採に合格をしたら、どうしたらよいですか?
2つから選択できます。
1つは「先生コンシェルジュ」を継続。
もう1つは退会です。

Q:退会をしたいがどのようにしたいか。
問合せフォームより申請ください。
申請3営業日以内に教採コンシェルジュで手続きを行い、次月の引き落としから解約になります。

Q:先生コンシェルジュについて教えてください。
先生コンシェルジュは、Facebook限定ページを使った会員限定サービスです。
新採前、新採、若手の先生に向けたさまざまな情報発信をしています。
例えば、次のようなものがあります。
■新採前
・希望地域をどのように伝えるか
・学校への挨拶の留意点
・複数自治体合格時の断り方 など
■新採
・学級通信の書き方
・思ったように有給休暇(年休)が取りにくい時の対応
・授業参観での楽しい授業展開の紹介 など
■若手の先生
・学級経営をよりよくするための工夫
・生徒指導担当や運動会・体育祭担当などの分掌への対応方法
・児童生徒が意欲的になる授業が難しい時のアイディア
また、ご自身で仲間を募った上で、グループを作り、研究などを行うことも可能です。