【教採鉄板テーマ】オリジナリティをもって答える

教員に求められる資質能力。

使命感や愛情、指導力や教養。
様々考えられますが、皆さんが1つだけピックアップするとしたら何になりますか。

この時期から対策をするのであれば、先ほど挙げたもののいずれでも答えられるようにしておくと、集団討論などでも対応しやすくなります。

集団の人物対策では、その場で瞬時に準備するというよりも、こうした思考の積み重ねが活きるためです。

個人面接対策で答えるのであれば、こうしたものをオリジナリティがある形で回答していくことが求められます。

 

試験官をなるほど、と思わせつつ、かつ理論だったことを伝えなくてはならないからです。

資質能力。
例えばですが、次のようなものが挙げられます。
「矛盾への対応能力」です。

教員は様々な力がいずれも高いクオリティで求められるためです。

では、このような試験官からの問いにどのように答えたらよいのか。
例文を本日のSchool会員限定メルマガに流しましたので、ぜひご覧ください。

【限定120名】2022年度受験対策開始
週1回のZoomで個人面接や集団討論の合格できる力を付ける

教採コンシェルジュSchool

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。