教員採用試験

教員採用試験

【受かる個人面接】教員採用試験を突破するための3つのテクニック

熱い気持ちでは受かりません。教員採用試験は地方公務員試験です。理論立てられたテクニックの上に合格があります。「元気」「自信」「目力」といった気持ちで表現してしまいやすい内容を技術に変換し、練習するための方法について紹介します。
基本

【教採一発合格】現役学生が18倍を突破したポイントと具体回答例

最終倍率18倍を突破した現役大学生の学習方法や面接対策、アルバイト経験を紹介します。決めた時間だけ学習を行う、笑顔を大切にするなど「誰でもできる」ことばかりですので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。来年の受験でぜひ「合格」を手に入れましょう。
教員採用試験

【受かる模擬授業】教採用10分シナリオ「国語辞典はじめの指導」

模擬授業がイメージできないまま練習をしても合格はできません。まずはシナリオ通りに練習しましょう。10分間で国語辞典を教えるシナリオを通して、話し方、板書の方法、微細なポイントをお伝えします。これを読めば皆さんの合格がグッと近くなりますよ!
基本

【教育基本法】教基法前文の覚え方:3つのポイントで教採突破!

前文のある基本法は教育基本法を含め6つだけです。丸暗記で覚える方法もありますが、理屈を学ぶと理解が深まります。なぜ前文があるのか、なぜ「民主的で文化的」なのか等を考えるきっかけにしませんか。きっと教育基本法本文を学ぶ際に役立つかと思います。
教員採用試験

【教採】合格実績ありの模擬授業シナリオ:理科「磁石につけよう」

模擬授業をやろうとすると何を言ったらよいか分からなくなります。今までは生徒側。これからは教師側。立場が変われば話す言葉も変わるためです。模擬授業頻出の理科「磁石」の単元を例にして、合格実績のある授業シナリオを紹介します。
教員採用試験

【教員採用試験】指示発問まるわかり模擬授業:社会「都道府県」

模擬授業ってどうしたらよいの?に答えます。先生が話す言葉をそのまま、板書をする言葉をそのまま、紹介しています。模擬授業の中でも頻出と言われる社会「都道府県」を事例として挙げていますので、受験生の皆さんがよりよいように変換して活用ください!
教員採用試験

【教員採用試験】『どこも受からない人』から『全部受かる人』へ

毎年落ち続ける人もいれば、受けた自治体すべてから合格をもらう人もいます。それは『人物重視』だからです。自治体対策が不要とは言いませんが、それ以上に面接対策が必要です。今年合格するための練習方法について紹介します。
基本

【大学生必見】教員採用試験合格に必要な勉強時間とその内容とは?

大学生が一発合格する割合は30%程度と言われています。それでもうけるなら一発合格がよい!30%の中に入り、来年から『教諭』になるために必要な時間と学習内容は何か、講師で学級担任をしている方には負けない面接は何か、などについて解説をします。
基本

【教員採用試験】平均倍率3倍だからこそやるべき5つの準備

合格される方は高得点を得て受かります。残りの『ギリギリの枠』を多くの受験生が争うのです。ですから3倍だから楽勝!と言っている方は受かりません。考えや行動について「トレードオフ」「時間を確保」「いきなり変える」等をキーワードにして紹介します。
基本

【次こそ合格】教採突破に向けたオススメ年間スケジュールと学習法

次の合格を勝ち取るために、教員採用試験不合格のショックを乗り越え、学習に向けた行動の具体例を紹介します。仕事探し、学習予定、その実行、見直し。教採コンシェルジュで合格という結果が出ている対応事例を元にしていますのでエビデンスもバッチリです。
タイトルとURLをコピーしました