【教員採用試験】合格者の前日と当日のタイムスケジュールの組み方

基本

意味のあるタイムスケジュールの組み方

ご自身で前日からのタイムスケジュールを組んでみると、

意外と時間がない

ことがわかります。
また、合格者の皆さんの過ごし方を聞いていると「どうしてその時間なの?」という部分では、

合格に繋がる行動だから

だということがわかります。
合格者からの聞き取りで平均の時間とその意味について調査しましたので、これをベースにご自身のスケジュールを組んでみましょう。
※男女混合の平均値を出しています。女性の方が長い時間がかかっている傾向があります。

【前日夕方】最終持ち物チェック

これはほとんどの方が、

前日の夕方かそれより前の時間帯

ということを口にされます。
なぜかというと、

万が一なかった場合に購入可能だから

だそうです。
「コンビニにも類似品が売っているのはわかるけど、やっぱり使い慣れたもので揃えたい」
という声がいくつもありました。

筆記用具などはもちろんですが、
家族からシワシワで首元が汚れたシャツを指摘され、新しいシャツを購入したという方もいました。

【前日夕方】移動チェック

近隣受験のかたはもちろんですが、遠方受験の方は必須項目です。
電車の間違い、バスの遅延、予想外の渋滞…
こういったことはあって当然の出来事です。

社会人は移動のリスクは時間に含んでおくのが常識

です。
具体的には、

移動時間はプラス30分、到着時間は1時間前

と考えて動くようにしましょう。

自治体によっては「9:00に開場、9:45までに入室」のように明示しているところもあります。
9:00ちょうどに行くのではなく、8:00過ぎに行って、

場の空気感を掴む

といったことをするのは案外大切です。
当日の朝に調べるのではなく、前日までに済ませておきましょう。
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました