模擬授業

教員採用試験

【教採一次合格】二次を突破するための面接対策や模擬授業対策

教員採用試験の二次・三次試験を突破していくためには今までと異なる対策が必要です。一次試験突破を喜ぶ気持ちは持ちつつ、これからどのようにすれば本当の意味での『合格』を手にすることができるのかを、面接と模擬授業という重要ポイントから解説します。
基本

【教採一次終了】燃え尽きた受験生必見!粘りで合格する二次対策

6割の方が一次試験後に「燃え尽き」を起こします。できるだけ短期間のうちに、そこから抜け出すための方法について紹介します。この期間からでも間に合う面接・小論・模擬授業といった二次対策についても具体的に紹介します。教採合格に必須の知識です。
基本

【教員採用試験】合格者の前日と当日のタイムスケジュールの組み方

教員採用試験に合格した方は前日や当日をどのように過ごしているのでしょうか。合格者にアンケートを取り、タイムスケジュール別に前日の持ち物や移動のチェック、当日の食事や身だしなみを整えるタイミングを調査すると「ちょっと早め」という結果が出てきました。
基本

【教員採用試験】合格者たちが語る本当に必要な『持ち物リスト』

教採に合格した方たちが口を揃えておっしゃるのが「志願書のコピー」「一工夫された地図」があると良い、ということです。志願書は、面接の質問を想定できるから。地図はコンビニを調べておく。本当に必要な11の持ち物について紹介します。
教員採用試験

【教採アンケート】短期学習のポイントはメタ認知とトレードオフ

「今からでも教採って間に合いますか」教採コンシェルジュのカウンセリングで、よく聞かれることです。間に合わせられるかの確定はできませんが、一緒に相談しながら『メタ認知』『トレードオフ』について学びます。これで一気にスイッチを入れて、勉強を始めてくださるからです。
基本

【保存版】教員採用試験対策:受験を考えたら始めに知るべき情報とは?

教員採用試験に向けて、模擬授業などの試験内容や、残り時間から逆算したスケジュール、学習方法を学べます。無料で受験できる試験ではありますが、無料で受かるほど甘い試験ではありません。どのような対策を行えば合格に近づくことができるのかを説明します。
基本

■教採にまつわるお金の話■無料で受験できるのに35万円かかると言われる理由

受験自体は無料の教員採用試験が、費用は平均35万円かかっています。特に気になる『学習費』。これを見ていくと合格者の傾向がはっきりとしてきました。人物重視対策をしている方の合格率が高いのです。どのような対策をしたらよいかをお金の面から考えます。
基本

【合格者に共通する勉強法】教員採用試験を突破する「分野別」5つの対策

やみくもに学習して受かるほど教員採用試験は甘くありません。分野別に対策方法も必要な時間も異なります。筆記、模擬授業、面接、実技、生活習慣、様々な観点から『合格者に共通する勉強法』を紹介します。教員採用試験突破に必須の具体的な考え方の紹介です。
教員採用試験

「教採の模擬授業」と「普段の授業」の共通点と相違点

模擬授業で身に付けた「授業力」には、現場で使えるものと試験用の内容があります。しかし、どちらも大切です。それを知り、教員採用試験を受験すれば合格に近づきますし、4月に学校現場に出たときには即戦力として活躍できます。模擬授業練習の前に必読の内容です。
教員採用試験

模擬授業をゼロから学んで、一発合格するまでの知識と技能

教採対策で模擬授業練習をまだ始めていない方向けです。「授業」とは何か?なぜ教採で行い、それで何を判定するのか。「人物重視」の教採で、これを知っているか否かでスタートダッシュが全く違います。一発合格を目指す受験生必読の模擬授業の第一歩です。
タイトルとURLをコピーしました