■教採にまつわるお金の話■無料で受験できるのに35万円かかると言われる理由

基本

教員採用試験に向けて、

スーツ代や旅費などを、

貯めておこうかと考えているのですが…

計画的でよいですね。

思っているよりも様々かかりますから。

念のため…

受験自体は無料ですよね?

そうです。

しかし受験の周りで費用がかかってきます。

知らないと直前でバタバタしますから、

今回はそれについてお話ししましょう。

スポンサーリンク

1.約35万円ってそんなにかかるの!?

算出根拠

先輩の話などを聞いていると、
そんなにかかるイメージがないのではと思います。

そこで計算して、
この35万円を算出してみましょう。

使った本人ですら気が付きにくい、
『見えないお金』もありますので。

まずは、
教員採用試験の市場規模です。
約600億円と言われています。

教採の受験者数が約16.5万人。

600億円÷16.5万人=363,636…円

端数を処理して約35万円です。
となると気になるのは、
この金額がどのように使われているか、です。

お金の内訳

地元と他の場所、
合計2つの自治体を受験すると過程します。

例えば、次のようになります。

内容 金額
交通費(関東-関西) 30,000
宿泊・食費 30,000
スーツ代(バッグ等含) 50,000
学習費(15,000円×10ヶ月) 150,000
文具等雑費 10,000
合計 270,000

足し算すると27万円。

残り8万円は、
大学などで教採対策に皆さんにかけている費用です。
一人当たりの費用にすると、これだけかけているんですね。
大学側としては、
採用試験合格が「実績」になるためです。

気になるのは学習費ですね。
「特に勉強していないけど合格した」
「2、3冊の本を買ったら受かった」
こういう話、時々聞きます。

何も勉強しないで合格した。
そういう方もいるかと思います。

ただし、重要なのは誰が言っているのかということです。

例えば、何年間も講師をしている方ではありませんか。

その辛さは経験者にしかわかりません。
学級担任などの同じ仕事をしているのに役職は下。
平日の勉強時間はほとんどとれない。
来年度のことは決まらずに不安定。
夏には不合格通知をもらってガッカリ。
何万もの方たちがそういう思いをしています。

また、先の言葉は、
100名中何名の方が言っていることか
ということも考えなければいけません。

合格したら年金も合わせて、
生涯賃金3億円と言われる公務員。
それと比較しての15万円。

この金額で得られる知識と経験を考えて、
長期独学タイプでいくか、
短期予備校タイプでいくか、
選択する必要があります。
もちろん独学一発合格もありますが…

捻出方法

教採コンシェルジュ受講者の方にアンケートを取りました。

内容 割合
家族の援助 36%
講師などの給料 33%
アルバイトなど 23%
その他 8%

ご自身で出す方が半数、家族から出してもらう方が4割弱でした。

その他とおっしゃった方は、
「他業種からの転職なので貯金があった」
「見るに見かねた家族が貸してくれた(返す必要がある)」
といった形でした。

大学生の場合は、
「アルバイトが半分、家族の援助が半分」
というお金の出し方の方も10%ほどいらっしゃいました。

スポンサーリンク

2.学習費

「学習費」をもう少し見ていきましょう。
これは、何パターンかに分かれました。

A 参考書タイプ

学習費のトータルが、10,000円程度。
書店で販売されている参考書を5冊程度買う形です。

・一般教養
・教職教養
・専門教養
・自治体過去問

といった書籍を買って、それをひたすらやる。

合格率は高くない傾向があります。

通らなかった方には特徴があります。
一次試験は突破したけれど、二次試験は通らなかった
という方です。

対策をした部分は成果が出ていて、
そうではない部分(面接や模擬授業)で落としたという形が見えてきます。

B 参考書&大学や上司の協力タイプ

学習費のトータルが、10,000円程度。
Aと費用面では変わりありません。

Aに加えて、面接や模擬授業の対策をした形です。

大学で友人と面接対策に参加した、
同僚や上司から模擬授業を見てもらった、
といった内容が加わっています。

結果は、ほぼAと同じでした。

練習しているのになぜ?と思っていましたが、
内容を聞いてわかりました。

教採対策になっていないのです。

大学の単発講座では不十分、
同僚や上司は採用試験官経験がなく情報不足、
といった理由があるため、
やっていないことはないけれども十分ではない
ということが見えてきました。

大学での連続講座を受け続けた方もいましたが、
こういった方は結果が残りやすい傾向がありました。

C 参考書&人物重視タイプ

学習費が月20,000円程度。

筆記対策は参考書を使い、
面接や模擬授業は費用をかけて習いに行く。

人物重視という現在の流れに合わせた、

教採コンシェルジュ」利用型タイプ

です。

AやBと比較すると、合格率がグンと上がっていました。

人と話す、人に教えるというのは技能ですので、
一定の力量が必要になります。

個人の持つ感性や今までの生活経験だけでは対応できない部分。
これに対応する必要があることが見えてきます。

D フル予備校タイプ

学習費が月35,000円~です。

筆記、小論文、面接、模擬授業…
そのすべてを予備校の流れに沿って進める。

時間も費用もかかりますが合格率も上がります。

やった内容が結果につながる。
高額ではありますが、その分、やらなければならない気持ちも大きくなります。

スポンサーリンク

3.まとめ

教員採用試験を突破しようとすると「人物重視」を外してはありえない
という形が見えてきます。

質の高い人物対策を定期的に受講することが合格への道

これは、結果的に学校現場に出ていった時に役立つ力にもなります。

教員採用試験を突破する平均受験回数が3.5回と言われていますが、
本当にそこまでやりますか。

できれば少ない回数で合格通知をもらって、
教育活動に集中していただけたらと考えます。

タイトルとURLをコピーしました