■教採にまつわるお金の話■無料で受験できるのに35万円かかると言われる理由

基本

教員採用試験に向けて、

スーツ代や旅費などを、

貯めておこうかと考えているのですが…

計画的でよいですね。

思っているよりも様々かかりますから。

念のため…

受験自体は無料ですよね?

そうです。

しかし受験の周りで費用がかかってきます。

知らないと直前でバタバタしますから、

今回はそれについてお話ししましょう。

1.約35万円ってそんなにかかるの!?

算出根拠

先輩の話などを聞いていると、
そんなにかかるイメージがないのではと思います。

そこで計算して、
この35万円を算出してみましょう。

使った本人ですら気が付きにくい、
『見えないお金』もありますので。

まずは、
教員採用試験の市場規模です。
約600億円と言われています。

教採の受験者数が約16.5万人。

600億円÷16.5万人=363,636…円

端数を処理して約35万円です。
となると気になるのは、
この金額がどのように使われているか、です。

お金の内訳

地元と他の場所、
合計2つの自治体を受験すると過程します。

例えば、…
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました