「服装」で損していませんか?

面接直前で服装を気にかける方も多いです。何も気にしないよりも何倍もよいです。

というのも、服装は着る人の表現の1つです。「服なんてどうでもいい」という方も、相手はそう思っていないことは理解しているかと思います。

試験官は受験生の服装を「印象」のポイントにしているのです。もちろん点数化はされません。服装でピシッとしているな、だらしないな、のように思うこともありません。実際に試験官経験をされた方に聞くと、「いい雰囲気だな」「違うか」のような印象のパーツの1つに服装があるそうです。

これは怖いです。いい雰囲気だなと思って面接を受けるのと、全く逆の状態で受けるのでは、評価が全く変わります。

靴やベルトがキレイだ、シャツにシワがない、ヨレヨレのカバンではない。

こうしたことは、直前に散髪に行く、髪をまとめて行くといったことともつながります。

ほんの少しのことですので、ぜひ気にかけてみてください。

 

【宣伝】
越智敏洋公式SNS始めました!日常の様子など楽しく更新しています!
より皆さんと身近に関われたら、と思いますのでよろしければ覗いてみてください!

2022年教採の合格を目指す
すべての皆様へ

教採コンシェルジュSchool

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。