【合格者に共通する勉強法】教員採用試験を突破する「分野別」5つの対策

基本

教員採用試験を受けようと思ったのですが、

どのように勉強を進めていったらよいでしょうか。

合格者には共通する「勉強法」があります。

そういった知識を得ることが近道になります。

筆記対策ですか。

一応、本は買いましたけど…。

行動力がありますね。

でも、それだけではないんですよ。

今回は、勉強法について勉強しましょう。

1.情報収集

勉強しようと思ったら、

何から始めたらいいんですか。

まずは情報収集です。

過去問を調べるということですか?

過去問もですが、

まずは全体像を調べましょう。

教員採用試験は、

自治体によって受験科目や内容にかなり違いがあるのです。

どうやって調べたらよいですか?

2通りあります。

1つは、自治体の教採HPを見ること。

もう1つは、書籍などで過去問を調べることです。

教員採用試験は情報戦です。

自治体によって受験科目が異なるので、
まずはそれを調べる必要があります。

次にすることは、
出題傾向の調査です。
例えば、毎年のように教育基本法が出題されるのであれば、
対策は必須です。

こうした情報は書籍で手に入れられますので、
まずは書店でチェックしてみましょう。

2.筆記対策

一般教養、教職教養、専門教養…

○○教養ばっかりですね。

そうですね。

教養は、国語科や数学科の「科」と同じように使われています。

試験では、それらの知識を持っていますか?と問われるわけです。

勉強はどのようにしていけばよいでしょうか。

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました