【カスタマイズ可能】教採試験官の目に留まる自己PR文章の書き方

基本

願書に自己PRを書くところがあったんですけど、

なかなか書き進められません。

というと…?

「憧れの先生がいたから」

「特技のダンスを指導したいから」

と書いていたら、当たり前すぎる気がして…

よく自分で気が付きましたね。

今おっしゃっているのは『内容』の話です。

直せますよ。

他にも、書いている時に読み返していて、

我ながら「つまらないなぁ」って思うんです。

こちらは『書き方』の話です。

自分の魅力を出す書き方があります。

今回はそういったところを学んでいきましょう。

1.自己PRを誰にどのようにするのか

自分自身をPRしようと考えたときに重要になることがあります。

誰にPRをするのか

ということです。
「教員採用試験の試験官」なのですが、それが誰かが大切です。

「採用試験官」という専門職があるわけではありません。
普段は仕事をしている方たちばかりです。

学校管理職(学校長)
教育行政職(教育委員会など)
外部委員(PTA会長など)

このような方たちに皆さん自身のPRをすることになります。

となると、
その方たちのことを知る必要があります。

これは次のように考えるとよいです。

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました