【教採面接対策無料プリント】教育論1:チーム学校についてのあなたの意見を教えてください

先生
先生
以前から学校は「鍋蓋型」と言われてきました。一人一人の教員の特性を活かし、よりよい形にしていこうというのが「チーム学校」の基本的な考え方です。

「チーム学校」の内容は3つに分かれています。

① 専門性に基づくチーム体制の構築
② 学校のマネジメント機能の強化
③ 教職員一人一人が力を発揮できる環境の整備

これらの考え方で「チーム学校」をつくり、その上で家庭、地域との協力関係を築いていこうという趣旨です。

例文

私はチーム学校を目指した組織が、子どもたちにとって最適化された組織だと考えています。管理職からのトップダウンに偏重した鍋蓋型組織ではなく、若手も自由闊達(かったつ)に意見を述べ、また、伝えた分だけの責任を持ち、生徒の教育活動を行うことができるというのは、大変だとは思いますがやりがいも大きいと思います。私も大学で学んだICTの知識を学校現場で最大限発揮して、チーム学校の一員としてがんばっていきたいです。

先生
先生
教採で話しやすいのは上記③です。皆さんにとって力を発揮しやすい教科・領域・分野が何かを明確にできると話しやすくなるかと思います。

■【学校だけで完結しないのが「チーム学校」】
従来型の組織経営は学校と家庭や地域は別のものと捉えられていました。チーム学校では、地域社会の専門人材も巻き込んで教育活動を実施するというのが大きな違いです。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

8/5木、8/7土:Zoom開講
【直前対策】実践重視 二次専用個人面接対策 少人数講座

詳細

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。