【意志の弱い人向け】勉強をする『環境』を変える方法

基本

先生、勉強ができません…

気持ちはわかります。
でも勉強をしないことには合格を目指すことはできませんよ。

勉強を始めても気が散ってしまって、いつの間にかスマホを触ってしまっているんです。

その調子ではかなり厳しいですね…。
分かりました。
今回はそんな現状を打破するための、勉強をする『環境』を変える方法を紹介していきます。

【意志の弱い人向け】勉強をする『環境』を変える方法

1 環境を整える

あなたが勉強をするときに必要なものは何でしょうか?
一つ一つ挙げてみましょう。

〈例〉
①問題集
②参考書
③ノート
④シャープペン
⑤消しゴム
⑥赤ペン

おおよそ以上の物になると思います。
後は簡単です。
それ以外の物を視界から排除しましょう。
机の上の物が上記の物以外存在しない環境を作ります。
これを「勉強をする時の環境」と自分の中で定義しておくことで、

環境を整えることが勉強のスイッチ

になります。

スマホも「勉強する1時間だけは電源を切る」ようにしておけば、触ってしまうことも、通知に邪魔されることもありませんね。

おまけ

スマートフォンをどうしても触ってしまう!という方は「時間制限設定」をしましょう。
特定のアプリを開き続けると、設定した時間に「強制終了」する設定です。
そうした機能を利用し、必要のないときには触らない癖をつけていきましょう。

2 勉強をする時間帯を決める

「絶対に勉強をする時間帯」を決めます。
後は毎日その時間帯に勉強をするのみです。
例えば、「朝 6時~7時」に勉強をするとします。
「朝 6時~7時」の時間帯で勉強をするためには、少し早起きしたり、晩は早めに寝たりといった行動が必要になってきますよね。
このように、

「勉強する時間帯」が中心に回る生活を送る

ようにします。
そうすることで、勉強する習慣を身につけることができます。
おすすめは、朝の時間帯です。
晩だと、残業等の急な予定が入ってしまう可能性がありますよね。しかし、朝に急な予定が入ることは中々ないと思います。
そうした「勉強ができない理由や原因」を先に潰しておくことが重要です。

3 勉強する場所を決める

普段、勉強や作業を集中して行うための場所は決まっているでしょうか?
どうしても勉強のやる気スイッチが入らない方は、そういった場所を決めておいて、勉強をする時に場所を移すようにしておきましょう。
場所はどこでも良いのですが、

「自分が勉強に集中できる条件」が整っている場所を選ぶこと

が大切です。
例えば、物音が気になるタイプなのであれば、カフェ等は避け、図書館や自室で勉強するのが良いでしょう。
逆に人目のある方が集中できるタイプなのであれば、カフェやファミレス、地域の自習室等もおすすめです。

 

おまけ

メンタリストのDaiGo氏の著書には・・・

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました