模擬授業をゼロから学んで、一発合格するまでの知識と技能

教員採用試験

1.模擬授業の必要性

小学校から大学まで授業や講義を受けてきたとします。

小学校 6年
中学校 3年
高等学校3年
大学  4年

合計16年です。

年間200日の授業日数。
毎日5時間だとして…

16年×200日×5=16000時間

これだけの授業や講義を受けてきています。

授業は聞いたらうまくなるでしょうか。
これはなりません。

授業は知識と技能の組み合わせだからです。

これらは専門的に勉強しなくてはうまくなりません。

…あれ?

大学で、次のような「授業の方法」について勉強しましたか?

○○を教える時には、
誰の方を何回向くか、
それはどのような表情か、
どのような口調か、
授業の構成はどの順序で、
話す言葉はどのようなものか、
児童生徒の対応は、
Aときたら□と返し、
Bときたら△と返す…

このようなことです。
習ってないのではないでしょうか?

習わずに、
そして習得せずに、
舞台に立たせるということは、
他の専門職業種ではありえません。

大学教授なら論文の書き方、
イラストレーターから絵の描き方、
設計士なら図面の引き方、
お笑い芸人なら漫才と話し方、
野球選手ならバットの振り方…

すべて、先輩や先生、師匠などから、
何らかの形で教えを受けます。

独学で大成する職種はありません。

教員は、誰からも教えてもらう必要のない単純作業ではありません。

役者が舞台に上がる前に、
たくさんの稽古をするように、
授業をするのであれば、
模擬授業は欠かせません。

大学でそのような方法を直接習っていなくても、
学校現場では授業が必須。

だからこそ、教員採用試験では模擬授業があります。

2.そもそも模擬授業とは

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました