面接

学校現場

【現役先生アンケート】インクルーシブ教育を肌で感じた沖縄一人旅

インクルーシブ教育とは「多様性の尊重」を重視した教育です。最近は『合理的配慮』という形で学校現場でも対応されるようになっています。今回は教採を突破した現役教員の一人旅体験から考えてみます。個人面接の話し方を組み立てるのに役立てられます。
学校現場

【現役先生アンケート】教員にとって必要なことを学んだ料亭バイト

学生時代に身に付けたことが教員採用試験や学校現場でどのように活きるのでしょうか。料亭バイトを4年間行なっていた現役の先生にインタビューをしました。失敗経験から学んだこと、料亭という世界で身に付けたこと等、興味深いお話を伺うことができました。
教員採用試験

【教採一次合格】二次を突破するための面接対策や模擬授業対策

教員採用試験の二次・三次試験を突破していくためには今までと異なる対策が必要です。一次試験突破を喜ぶ気持ちは持ちつつ、これからどのようにすれば本当の意味での『合格』を手にすることができるのかを、面接と模擬授業という重要ポイントから解説します。
基本

【教採一次終了】燃え尽きた受験生必見!粘りで合格する二次対策

6割の方が一次試験後に「燃え尽き」を起こします。できるだけ短期間のうちに、そこから抜け出すための方法について紹介します。この期間からでも間に合う面接・小論・模擬授業といった二次対策についても具体的に紹介します。教採合格に必須の知識です。
教員採用試験

【教員採用試験】合格者に共通する『受かる面接』5つのテクニック

教員採用試験突破のために必要なのは【ハートを伝えるためのテクニック】です。これには「気の持ちよう」といった抽象的な部分と「話法」といった具体的な部分の2つがあります。どちらもバランスよく使いこなせるようになって合格を掴み取りましょう。
基本

【教員採用試験】合格者の前日と当日のタイムスケジュールの組み方

教員採用試験に合格した方は前日や当日をどのように過ごしているのでしょうか。合格者にアンケートを取り、タイムスケジュール別に前日の持ち物や移動のチェック、当日の食事や身だしなみを整えるタイミングを調査すると「ちょっと早め」という結果が出てきました。
教育実習

【教採面接】教育実習を「エピソード+学び」で語る3つの具体例

教員採用試験の面接で試験官からよく聞かれる内容に「教育実習での学び」があります。3つの具体例から『エピソードを入れること』と『教員になってから活かしたいこと』をどのように表現するかを紹介します。ぜひ、ご自身に合った形に改変してみてください。
教員採用試験

【教員採用試験】案外難しい「長所を聞かせて」に答える具体事例

「粘り強さ」「集中力」「楽観的」という3つの具体例を挙げながら、長所の話し方の具体例をお伝えします。試験官は、長所から受験生の人物像を知りたいという思いと、十分な対策をしてきているかについても面接で見抜きます。ぜひ対策をしておきましょう。
教員採用試験

【教員採用試験】合格事例付:試験官に伝わる『志望動機』の話し方

教員採用試験の個人面接での『合格した具体例』を紹介しています。「憧れの先生がいた」「部活動の指導がしたい」「教師という仕事に魅力」など理由別に、実際に合格した事例とその分析がありますので、参考にして、ご自身の志望動機をまとめてみませんか。
教員採用試験

【直前対策】教採に間に合わせる!具体回答例付:自己PRの答え方

教員採用試験の面接は、最後の最後まで追い込みができます。鉄板系のほぼ出される質問の具体事例を元に3つのポイント「当たり前」「一点突破」「対話」について解説をしていきます。面接まで残り1時間を切っても、最後のあがきとして、ぜひご一読ください!
タイトルとURLをコピーしました