【教採面接対策無料プリント】教育時事3:GIGAスクール構想

先生
先生
デジタルネイティブ(生まれた頃からスマホがある世代)の皆さんに特に期待されている分野です。ICTを適正に使いこなす能力が求められています。

すぐわかる最新教育時事ワード「GIGAスクール」

・現状の学校はICT環境整備が遅れており、自治体間の格差が大きい。
・令和時代のスタンダードな学校像として、全国一律のICT環境整備を行う。
・多様な子供たちを誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させる。
・具体的な整備内容としては

①1人1台端末及び高速大容量の通信ネットワーク
②クラウド活用推進
③ICT機器の整備調達体制の構築
④利活用優良事例の普及
⑤利活用のPDCAサイクル徹底等を進める。

上記のことを令和5年度までに達成するという施策が「GIGAスクール構想」です。

例文

私はGIGAスクール構想のような施策でこそ、私たちのようなデジタルネイティブ世代が実践を積み重ねやすいのではないかと考えています。従来考えられなかったような膨大な情報量の中から必要な情報を取り出し活用する「情報活用能力」を養うためには、適切なICT機器の利用が求められます。そういった実践や機器の取り扱いなどを、児童生徒だけではなく、先輩教員にも提案していけるよう、しっかりと実践を重ねていきたいと考えます。

■情報活用能力
GIGAスクール構想のようなICT関連の教育時事ワードと共に出てくるのが「情報活用能力」です。こうした関連ワードを絡めて話ができると説得力が増しますので、ぜひ挑戦してみてください。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

次、教採に合格するため
合格後、より良い教員になるため
教採コンシェルジュはあなたの不安を解消するお手伝い

無料zoomカウンセリング申込

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。