教採

教員採用試験

【受かる模擬授業】教採用10分シナリオ「国語辞典はじめの指導」

模擬授業がイメージできないまま練習をしても合格はできません。まずはシナリオ通りに練習しましょう。10分間で国語辞典を教えるシナリオを通して、話し方、板書の方法、微細なポイントをお伝えします。これを読めば皆さんの合格がグッと近くなりますよ!
基本

【教育基本法】教基法前文の覚え方:3つのポイントで教採突破!

前文のある基本法は教育基本法を含め6つだけです。丸暗記で覚える方法もありますが、理屈を学ぶと理解が深まります。なぜ前文があるのか、なぜ「民主的で文化的」なのか等を考えるきっかけにしませんか。きっと教育基本法本文を学ぶ際に役立つかと思います。
教員採用試験

【教採】合格実績ありの模擬授業シナリオ:理科「磁石につけよう」

模擬授業をやろうとすると何を言ったらよいか分からなくなります。今までは生徒側。これからは教師側。立場が変われば話す言葉も変わるためです。模擬授業頻出の理科「磁石」の単元を例にして、合格実績のある授業シナリオを紹介します。
基本

【大学生必見】教員採用試験合格に必要な勉強時間とその内容とは?

大学生が一発合格する割合は30%程度と言われています。それでもうけるなら一発合格がよい!30%の中に入り、来年から『教諭』になるために必要な時間と学習内容は何か、講師で学級担任をしている方には負けない面接は何か、などについて解説をします。
基本

【教員採用試験】平均倍率3倍だからこそやるべき5つの準備

合格される方は高得点を得て受かります。残りの『ギリギリの枠』を多くの受験生が争うのです。ですから3倍だから楽勝!と言っている方は受かりません。考えや行動について「トレードオフ」「時間を確保」「いきなり変える」等をキーワードにして紹介します。
教採コンシェルジュ

【教採落ちた】講師?公務員?民間企業?これから先を真剣に考える

教採に落ちてしまってまず考えるのは「来年どうする?」です。講師か、それとも他の職業か…となった時に「他の職業って何があるんだ」となります。公務員や一般企業など教員以外の仕事について考えます。ぜひご自身の職業選択を見直すのにお役立てください。
学校現場

【現役先生アンケート】インクルーシブ教育を肌で感じた沖縄一人旅

インクルーシブ教育とは「多様性の尊重」を重視した教育です。最近は『合理的配慮』という形で学校現場でも対応されるようになっています。今回は教採を突破した現役教員の一人旅体験から考えてみます。個人面接の話し方を組み立てるのに役立てられます。
学校現場

【現役先生アンケート】教員にとって必要なことを学んだ料亭バイト

学生時代に身に付けたことが教員採用試験や学校現場でどのように活きるのでしょうか。料亭バイトを4年間行なっていた現役の先生にインタビューをしました。失敗経験から学んだこと、料亭という世界で身に付けたこと等、興味深いお話を伺うことができました。
教員採用試験

【教採一次合格】二次を突破するための面接対策や模擬授業対策

教員採用試験の二次・三次試験を突破していくためには今までと異なる対策が必要です。一次試験突破を喜ぶ気持ちは持ちつつ、これからどのようにすれば本当の意味での『合格』を手にすることができるのかを、面接と模擬授業という重要ポイントから解説します。
基本

【教採合格】結果が出ない講師の『落ちる理由』と『受かり方』

受からない、受かれない講師の先生には共通点があります。時間の使い方や優先順序の誤りです。それらをどうしたら合格を掴みとれるのか。3つの具体的な方法を紹介します。ぜひ合格に向けた情報として活用していただけたらと思います。
タイトルとURLをコピーしました