【面接・模擬授業必須】笑顔を作る方法

基本

緊張すると強張って笑顔が保てなくなります。

面接や模擬授業といった緊張場面ではそうなってしまいますよね。

どうにかする方法はないのでしょうか?

笑顔は練習することで自然に出していくことができますよ。
今回はいつでも全開の笑顔を出せるような「笑顔の作る方法」をご紹介します。

【面接・模擬授業必須】笑顔の作り方

ずっと眉にしわが寄ってムスッとしている人と、ずっと朗らかなにこにこ笑顔をしている人、どちらの人と一緒に働きたいですか?
これは後者だという人が多いかと思います。
教員採用試験は、試験官が「この人と一緒に働きたい」と思った人を合格させる試験ですから、面接や模擬授業においても当然笑顔は「必須項目」になってきます。
しかし、この「笑顔」。やはり練習しないことには身に付きません。
今回はいつでも全開の笑顔を出せるような「笑顔の作る方法」をご紹介します

1 鏡を見たら「笑顔チェック」をするクセをつける

鏡を通して、一人で自分の顔を見るタイミングがあると思います。
顔を洗う時、電車の窓に映ったとき、運転中のミラーを見た時など様々ありますが、
そうした時に

「笑顔チェック」をするクセ

をつけましょう。
鏡が目に入ったら、自分の思う全力の笑顔を作ります。これを毎日繰り返すだけで、顔の筋肉がほぐれ、いつでも瞬間的に全力の笑顔が出せるようになっていきます。

2 笑顔トレーニング

「笑顔 練習」でネット検索をするとたくさんの練習方法がヒットしました。
その中でも、手軽にできる練習法を紹介します。

(1)自然な笑顔を作る練習法

〈方法〉
①「イーーー」と声を出しながら、「150%」の笑顔を10秒キープ
②息を吐いて、顔全体の力を抜く
③次は「100%」の笑顔を作って、「イーーー」と声を出して3秒キープ。

ポイントは、③の時点の笑顔が日常の表情になるよう、練習を繰り返していくことです。

(2)割りばしトレーニング

〈方法〉
①割り箸を横にしてくわえ、しっかりとかみしめた状態で30秒キープ。
②割り箸をくわえたまま、口角を上げ、目元も笑顔になるようにして10秒キープ。

以上が手軽にできる笑顔トレーニングになります。
1日1回、寝る前や、起きてすぐなど、継続的に続けるようにしていきましょう。
5分程度で済みますから、ちょっとした隙間時間にも練習できますね。

参考:元アナウンサーが教える。自然な笑顔の作り方と練習法https://woman.mynavi.jp/article/141231-39/

3 アプリを活用する

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました