【教員採用試験】合格者たちが語る本当に必要な『持ち物リスト』

基本

教採突破者が語る『必須』の持ち物

下記に紹介する11の持ち物は持っていきましょう。
これまでの教員採用試験を突破した受験生が『必須』として挙げたものばかりです。

11の持ち物リスト

チェック番号持ち物
1受験票
2志願書のコピー
3自治体で求められた持ち物
4筆記用具
5一工夫した地図
6腕時計
7昼食と多めの飲み物
8ハンカチ
9折り畳み傘
10気休めのための参考書
11スーツ一式
番外編靴…

1 受験票

これがなければ受けられません。
実は忘れてしまっても、何とかなったという自治体例もあるのですが印象の悪化は避けられません
「受験票を忘れた人だぞ」
と言われながら平常心で受けられる人はそういないはずですから。
他を忘れても、これは忘れないようにしましょう。

2 志願書のコピー

願書提出時に出した志願書のコピーです。
特に面接時は、

面接対策用参考書の100倍役に立つのが志願書コピー

だと言われています。

なぜなら試験官はここから面接の質問を構築していくからです。
受験生のみなさんが自分の手で書いたものとは言え、数ヶ月前のことは正確に覚えていません。
会場で志願書のコピーを見ながら、

自分が試験官だったら、どんな質問を出すだろうか

と想定するとその通りの質問が出た、という話がよくあります。
ぜひ持っていきましょう!

3 …

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました