【教採筆記対策】頻出問題完全網羅 1から理解できる「教育基本法」

基本

教職教養の基本って「教育基本法」って本当ですか?

そうですね。

ホントは全部暗記でもよいくらいですが…

えーっ!

それは避けたいです。

となると頻出の部分を『理解する』のがよいですね。

理解することで応用が効くようになりますよ。

1 まずは教育基本法の構造を知ろう

教育基本法は「教基法」と訳されます。
この教基法、

前文
第一条~第十八条

の2つに分けられます。

前文は頻出ですので理解しながら覚えた方がよいです。
ただし、条項はよく出るところと、そうではないところがあります。

(☆の数が筆記試験での出やすさを示しています)
◎ … ☆☆☆
○ … ☆☆
△ … ☆
◎ 第一条 教育の目的
◎ 第二条 教育の目標
○ 第三条 生涯学習の理念
◎ 第四条 教育の機会均等
◎ 第五条 義務教育
◎ 第六条 学校教育
△ 第七条 大学
△ 第八条 私立学校
◎ 第九条 教員
○ 第十条 家庭教育
△ 第十一条 幼児期の教育
△ 第十二条 社会教育
○ 第十三条 学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力
△ 第十四条 政治教育
△ 第十五条 宗教教育
◎ 第十六条 教育行政
○ 第十七条 教育振興基本計画

◎がつくのは、わずか7つ。
17も覚えなければいけない、というところからまずは7つと考えるだけで、かなり楽になるかと思います。

2 最重要なのが『前文』

外せないのが前文です。
これには理由があります。
それは、…
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました