教採対策「面接の心構え」

どんな質問への対策をしておいたらよいですか?

教採で頻出と言われる質問は100程度。このうち絶対押さえなくてはいけないのが30程度です。

これらは対策していなければ、勉強不足だと言われても仕方ないようなものです。

ところがそれだけで終わるわけではありません。

試験官が場を和まそうと話すこと、話が盛り上がり追加で聞かれること、自治体によって毎年変わる質問項目。

想定できないものも出されます。

こういった質問はどのように回答していけばよいでしょうか?

こういった質問はどのように回答していけばよいでしょうか?

話法、知識、瞬発力。
様々ありますが総合的に伸ばしていこうと思うと「一定の場数」が必要です。

最低限でも、誰かを傷つけたり、失礼にあたるようなことは言っていないか。
※これは発言した時点で試験官の中では終了になります。

回答が難しい話題でも、場が沈まないで、明るさを維持できるか。
※学校現場でも社会でも必須のスキルです。

答えられるものであれば、相手が知らないことをわかりやすく伝えられるか。
※「先生」に求められるスキルです。

場数によって、これらの分類から、思考、発言に至るまでの流れがスムーズになるからです。

このように考えると、友だちや家族、同僚や上司などからの日常的な会話も質問対策になりますね。

2022年教採の合格を目指す
すべての皆様へ

教採ここからスタート講座

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。