【残り時間別】今年合格するための教員採用試験オススメ勉強法

基本

残り時間別にオススメ勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

A. 1年前(大学生3年生秋、受験失敗直後)

試験課目を網羅した勉強が計画的に可能です。
とはいえ、長丁場。
なかなかできない、
やらなくなる、
といったことを避けるために、どんな勉強法がよいのかを考えましょう。

勉強時間確保

アルバイトや仕事のように賃金が発生するわけではありません。
そうなると、なかなか勉強できないです。
1日のどこで勉強をするのか、

平日、休日ごとに最低ライン決める

ということをしましょう。
曜日によってライフスタイルが変わるという方は、
それにあわせて、もう少し細かくします。

例えば、次のようになります。

【パターン1】
平日は授業や仕事の終わりに勉強をするパターン
平日 16:00~17:30
休日 8:30~10:00
※授業や仕事がある日と同じように起きて勉強
【パターン2】
効果最大限パターン
平日 5:00~6:30
休日 5:00~6:30
※朝は学習効率がよいと言われています
【パターン3】
隙間時間活用パターン
学生:授業の空きコマ90分、
講師:子どもが帰った後の教室や図書室で定時後90分

このような流れで、
約半年ほどの間に習慣化します。
そこから、ギアをあげていくと、
無理なく学習を進められます。

なお、前半は90分で充分です。
それでも難しければ、
まずは30分から進めましょう。
大切なのは、「続けること」です。

筆記対策

大きく3つにわけられます。

教職教養
一般教養
専門教養

12ヶ月を3分野で分けたら、
1分野辺り4ヶ月です。

だから4ヶ月ずつ…という訳にはいきません。
人は忘れてしまう生き物だからです。

次の表のようにループしながら、
少しずつ定着率を上げていきます。

学習内容
 9月 教職教養、実力確認模試
10月 一般教養
11月 専門教養
12月 教職教養
 1月 一般教養、半年前模試
 2月 専門教養
 3月 教職教養
 4月 一般教養、3カ月前模試
 5月 専門教養
 6月 総復習、直前模試
 7月 総復習
※模擬授業・面接練習・小論文・実技練習は、月に1~2回定期的に実施

この時に効果的なのが、

模試を受ける

ことです。
65%の方は、3ヶ月~半年ほど成果が上がりません。
成績がよくならないのです。
こういった蓄積期は誰にでもありますから、
焦らず継続していきましょう。

模擬授業や面接の練習

月1~2回、勉強します。
これらはいずれも、
対人関係スキルですから、
やらなければスキルは落ちます。

誰かから見てもらえるように、
採用試験仲間、
大学の先生、
学校の先輩、
教採コンシェルジュなどに依頼しておきましょう。

小論文

小説を書くのであればセンスが必要です。

しかし、小論文は違います。
自分の論を整理するのですから、

A 考え方を知る
B 自分の考えを構築する
C 表現の作法に従って書く

といった手順を知っていれば、
誰もが書けるものです。

受験テクニックではなく、
これは一般教養の世界
ですので、
早めに対策本などを購入して、
書き方を学びましょう。

頻度としては、
月1~2回、一回あたり90分が目安です。

実技対策

昨年何が行われたかを情報として仕入れておき、
半年ほど前からスタートさせましょう。

スポンサーリンク

B. 6ヶ月前(正月)

現実的には、教採勉強は正月スタートという方が多いです。

新しい年になって、
いよいよやらないとな、
と思われるのかと考えられます。

ここからスタートさせるのであれば、
一定の「やるぞ」「やらなきゃな」という覚悟はあるかと思います。
私のように複数回落ちていたり、
家庭の事情で絶対に合格が必須だったり…

それでも、
がんばる気持ちと、
オサボリしたい気持ちが混ざり合う
ので、

初めの1ヶ月は毎日90分の継続

を意識しましょう。
毎日勉強をして、
達成率100%なんて、
よっぽどじゃなければ難しいです。
1月は80%の達成率。
24日間はできるように進めましょう。

完璧を求めすぎると破綻するのは、
児童生徒との関係も同じ

です。

スポンサーリンク

C. 3ヶ月前(4月)

筆記を通過した方ならまだしも(それでも遅めです)、
学生で初受験の方や、
講師などをしていて筆記試験通過経験のない方の場合、
かなりがんばらないと突破は難しくなってきます。

具体的には、

平日3時間
休日10時間

が目安になります。

一気にグッと時間が上がっているように感じませんか?

半年前スタートの方の2倍、
1年前スタートの方の4倍、
これでようやく同等時間
となります。

大学の授業1コマが90分です。
それを超えてくるということは、
1日に二度以上の学習が必要になるということです。

しかし、できないかと言われると、
その方次第…となります。

教採コンシェルジュで学んでいる方の場合は、
ライフスタイルに合わせて、

朝晩の2回×90分
空きコマと夜の2回×90分
朝と退勤時間を過ぎてから帰るまでの2回×90分

など、工夫して進めておられます。

きちんと専門家と一緒に勉強を進めれば充分間に合います。

スポンサーリンク

D. 1ヶ月(6月)

駆け込みで相談に来られる方が多いのが1ヶ月前です。

締切間際に願書を提出し終わって、
「さて、そろそろ」
と考えた方に多いです。

事前に独学でいくらかでも勉強をしていないと、
相当に厳しくなります。

そうでなければ、
今まで地道にがんばっている方が報われないですしね…

ここから受かりたい、
本気だ!という方は、
一定のヤマを張り、
かつ、
かなりの詰め込みをしないと難しいです。

自治体によって特性を掴みつつ、
効率的に、
かなりの量をこなしていく必要が出ます。

独学でスタートを切るという方はリアリティがありませんので、
予備校や教採コンシェルジュなど、
教採突破の専門家に依頼して進めましょう。

ちなみに…勉強しないで受かった、
という『伝説』のような方も実際にいらっしゃいます。
(これ、別の記事で書いているのですが、本当に不思議です)

諦めなければ、
望みは残りますので、
力を振り絞って進めましょう。

スポンサーリンク

E. 3日前

…ここからは、ほぼ不可です。

しかし、

「とりあえず受験」は避ける

ように心がけましょう。
勉強しないで受かるはずがない。
だから、記念受験だ。

気持ちはそうなりがちですよね。
そうじゃないんです。

今年、まずは全力で。
もしもダメでも来年につながるように、
周りをよく観察する。

こうした姿勢は重要です。
その年にもしダメでも、
次へのリードにつながりますから。

というのも、
教員採用試験は3.5回が合格平均受験回数です。

先を見据えた受験も視野に入れましょう。

スポンサーリンク

F. まとめ

いつから勉強するの?
可能な限り早い方が絶対に有利です。

まず、行動を。
すべてはそこからです。

タイトルとURLをコピーしました