【残り時間別】今年合格するための教員採用試験オススメ勉強法

基本

残り時間別にオススメ勉強法を紹介します。

A. 1年前(大学生3年生秋、受験失敗直後)

試験課目を網羅した勉強が計画的に可能です。
とはいえ、長丁場。
なかなかできない、
やらなくなる、
といったことを避けるために、どんな勉強法がよいのかを考えましょう。

勉強時間確保

アルバイトや仕事のように賃金が発生するわけではありません。
そうなると、なかなか勉強できないです。
1日のどこで勉強をするのか、

平日、休日ごとに最低ライン決める

ということをしましょう。
曜日によってライフスタイルが変わるという方は、
それにあわせて、もう少し細かくします。

例えば、次のようになります。

【パターン1】
平日は授業や仕事の終わりに勉強をするパターン
平日 16:00~17:30
休日 8:30~10:00
※授業や仕事がある日と同じように起きて勉強
【パターン2】
効果最大限パターン
平日 5:00~6:30
休日 5:00~6:30
※朝は学習効率がよいと言われています
【パターン3】
隙間時間活用パターン
学生:授業の空きコマ90分、
講師:子どもが帰った後の教室や図書室で定時後90分

このような流れで、
約半年ほどの間に習慣化します。
そこから、ギアをあげていくと、
無理なく学習を進められます。

なお、前半は90分で充分です。
それでも難しければ、
まずは30分から進めましょう。
大切なのは、「続けること」です。

筆記対策

大きく3つにわけられます。

教職教養
一般教養
専門教養

12ヶ月を3分野で分けたら、
1分野辺り4ヶ月です。

だから4ヶ月ずつ…という訳にはいきません。
人は忘れてしまう生き物だからです。

次の表のようにループしながら、
少しずつ定着率を上げていきます。

学習内容
 9月教職教養、実力確認模試
10月一般教養
11月専門教養
12月教職教養
 1月一般教養、半年前模試
 2月専門教養
 3月教職教養
 4月一般教養、3カ月前模試
 5月専門教養
 6月総復習、直前模試
 7月総復習
※模擬授業・面接練習・小論文・実技練習は、月に1~2回定期的に実施

この時に効果的なのが、

模試を受ける

ことです。
65%の方は、3ヶ月~半年ほど成果が上がりません。
成績がよくならないのです。
こういった蓄積期は誰にでもありますから、
焦らず継続していきましょう。

模擬授業や面接の練習

月1~2回、勉強します。
これらはいずれも、
対人関係スキルですから、
やらなければスキルは落ちます。

誰かから見てもらえるように、
採用試験仲間、
大学の先生、
学校の先輩、
教採コンシェルジュなどに依頼しておきましょう。

小論文

小説を書くのであればセンスが必要です。

しかし、小論文は違います。
自分の論を整理するのですから、

A 考え方を知る
B 自分の考えを構築する
C 表現の作法に従って書く

といった手順を知っていれば、
誰もが書けるものです。

受験テクニックではなく、
これは一般教養の世界
ですので、
早めに対策本などを購入して、
書き方を学びましょう。

頻度としては、
月1~2回、一回あたり90分が目安です。

実技対策

昨年何が行われたかを情報として仕入れておき、
半年ほど前からスタートさせましょう。

B. 6ヶ月前(正月)

現実的には、教採勉強は正月スタートという方が多いです。

新しい年になって、
いよいよやらないとな、
と思われるのかと考えられます。

ここからスタートさせるのであれば、
一定の「やるぞ」「やらなきゃな」という覚悟はあるかと思います。
私のように複数回落ちていたり、
家庭の事情で絶対に合格が必須だったり…

それでも、
がんばる気持ちと、
オサボリしたい気持ちが混ざり合う
ので、

初めの1ヶ月は毎日90分の継続

を意識しましょう。
毎日勉強をして、
達成率100%なんて、
よっぽどじゃなければ難しいです。
1月は80%の達成率。
24日間はできるように進めましょう。

完璧を求めすぎると破綻するのは、
児童生徒との関係も同じ

です。

C. 3ヶ月前(4月)

筆記を通過した方ならまだしも(それでも遅めです)、
学生で初受験の方や、
講師などをしていて筆記試験通過経験のない方の場合、
かなりがんばらないと突破は難しくなってきます。

具体的には•••

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

合格直結!教員採用試験面接対策プリント100
「教採面接って何を聞かれるの?」を学べるプリント集です。自己紹介、最新教育時事、自治体別対策、教師像、教育論、授業、生徒指導、特別支援教育、保護者対応など、面接で聞かれることを網羅しているので、これで教採対策を進めることができます。
タイトルとURLをコピーしました