【教採必須】持っていても知ってますか?教員免許関連の法律チェック

教員採用試験

持っているけど意外と知らない免許状

教員採用試験を受ける前提条件となる「教員免許」のこと。
皆さんはどのくらい知っていますか?
筆記試験(教職教養)でも、よく出題されるので、ぜひチェックしておきましょう。

まずは「教員免許」の大まかな内容を確認しましょう。

①「教員免許」関係の法律の名称は『教育職員免許法』という。
②免許は使用できる自治体と期限によって3種類に分けられる。

使える範囲期間
普通免許状全ての都道府県10年間
特別免許状授与権者の置かれる都道府県10年間
臨時免許状授与権者の置かれる都道府県3年間

③授与権者である都道府県は、皆さんが持っている免許の「種類・氏名・本籍・授与日・有効期限」などを記録している原簿を持っている。

①の解説
「教員免許」というのは略称で、正式名称は「教育職員免許」と言います。

②の解説
大学卒業時などに授与されるのは「普通免許状」です。
常勤講師や非常勤講師として採用される時に、特別免許状や臨時免許状が出される時があります。
ただし、最近は、どの自治体もよっぽどのことがないと出さない傾向があります。

③の解説
当たり前なのかも…ですが、私はこれ意外でした。
法律で決まっているんですね。

教員免許のあれこれをクイズ形式で学習

「教育職員免許法」を元にクイズを作成しました。
教員採用試験で頻出の問題を集めていますので、チェックをして試験対策をしていきましょう。

※□□に当てはまる言葉を入れましょう(□□と答えの文字数は一致しません)
※法文は読みやすいように一部省略をしている場合があります。

第1章 総則

第1条:この法律の目的

この法律は、教育職員の免許に関する基準を定め、教育職員の資質の□□を図ることを目的とする。

答え:③保持と向上
この法律が「免許更新」にも関するものになっています。
資質の保持と向上が、免許法の目的です。

第3条:免許

教育職員は、この法律により授与する各相当の免許状を有する者でなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、□□教諭及び□□教諭については各相当学校の教諭の免許状を有する者を、それぞれ充てるものとする。(一部省略)

答え:主幹、指導
2007年の学校教育法の改正で設けられた任意設置(義務ではない)の役職です。任命権者の都道府県教委などから任命されるのですが管理職ではありません。教諭と管理職の中間という立ち位置で、学校運営や授業指導などをサポートするという形になります。
なお、省略したのは、養護をつかさどる主幹教諭、栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭の文言です。

第2章 免許状

第4条:種類

免許状は、□□免許状、□□免許状及び□□免許状とする。

答え:普通、特別、臨時

2 普通免許状は、学校の種類ごとの教諭の免許状、養護教諭の免許状及び栄養教諭の免許状とし、それぞれ□□免許状、□□免許状及び□□免許状に区分する。(一部省略)

答え:専修、一種、二種
「専修」は大学院、
「一種」は大学、
「二種」は短大、で取得というイメージです。

なお、省略した文言は、学校の除外規定などです。

第5条:授与

7 免許状は、□□(以下「授与権者」という。)が授与する。

答え:②都道府県の教育委員会

第9条:効力

普通免許状は、その授与の日の翌日から起算して十年を経過する日の属する年度の末日まで、□□において効力を有する。(一部省略)

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

【受験生必見】教員採用試験筆記に出る教育基本法をクイズで理解
教員採用試験の筆記対策を始めると、必ず「教育基本法前文〜18条」までが出てきます。これらは、法規の数が多い上に重要です。初歩的な部分から法律の豆知識まで学べますので、勉強し始めの方も、念のために確認しようという方もチェックしてみてください。
【日本国憲法前文】3択クイズで教育法規の根幹「憲法」を理解
日本国憲法前文とその3原則は、小学校の頃から学習してきたのではないでしょうか。筆記試験では、少し深読みした部分が出てくることが多いですので、それを3拓クイズにしました。理解が進むように解説を付けていますのでご活用くださればと思います
タイトルとURLをコピーしました