教育時事

学校現場

【現役先生アンケート】インクルーシブ教育を肌で感じた沖縄一人旅

インクルーシブ教育とは「多様性の尊重」を重視した教育です。最近は『合理的配慮』という形で学校現場でも対応されるようになっています。今回は教採を突破した現役教員の一人旅体験から考えてみます。個人面接の話し方を組み立てるのに役立てられます。
学校現場

《教採受験者:面接対策》Twitter等のSNSトラブル回答例

1,183人。SNSが起因となり児童生徒が犯罪に巻き込まれた人数です。教育課題としても大きく取り上げられることが多く、教員採用試験でよく聞かれる項目です。数値や公的機関の発表などを活用しながら、現場で即戦力となるような回答を心がけましょう。
教員採用試験

教員採用試験の一般教養:新元号『令和』の読み取り方

新元号「令和」になり『元号』が話題になりました。教採の一般教養はもちろんですが、採用されてから児童生徒に話ができるようになっておくことは大切なことではないでしょうか。「令和」や「元号」についてのちょっとした知識をお伝えします。
教員採用試験

【教採面接事例付】試験官に説明できる!2020年開始のプログラミング教育

プログラミング教育が始まると言われ、学校では混乱が続いています。しかし、時代背景と教える内容さえ分かっていれば対応できます。教育時事頻出ワードと言われる「society5.0」「論理的思考力」を交えて、『試験官の納得を得る話』を目指しましょう。
教員採用試験

教員採用試験で今年聞かれる重要ポイント「働き方改革」の答え方

教員は残業が多い職業と言われます。「働き方改革」の重点であり、教採面接での重要ポイントともなっています。「働き方改革」って何?どのように答えたらいいの?という要点と考え方の一例を知ることができます。ここを抑えて、教員採用試験の突破を目指しましょう。
教員採用試験

2019年教採受験者必読、まだ知られていない3つの最新教育時事ワード

2019年教育時事です。堅苦しい説明ではなく、即試験で使えるように説明しています。「Society5.0」「SDGs」「LGBT」、こういった言葉を集団討論や小論文で自然に使えるようになる教育時事ワードの説明です。
タイトルとURLをコピーしました