教採コンシェルジュの「やってみせる」ってどういうこと?

教採コンシェルジュ

模擬授業をやってみせます

私たち、教採コンシェルジュは、
受講者の皆さんに授業を「やってみせます」

そのために、
年間25回以上の研修を行っています。

その研修のお話です。

研修の場には、
多くの過去問や指導書が用意されます。

研修内容は様々です。
例えば、

指定された内容で模擬授業を作る

といったものがあります。

5分間。
道徳。
命の大切さを伝える

授業を作る期間は様々です。
30分のこともあれば、
2週間のこともあります。

様々な自治体の教員採用試験に対応できるようにするため、
このような仕組みにしています。

全員の模擬授業が終わったら交流です。

誰の授業はどうだった?
というような交流をします。

すごくシンプルな、しかし大変なルールがあります。

やってみせる

です。
「もっと笑顔があったらよかった」
「もっと○○で抑揚をつけるべき」
「展開のパーツは逆がよかった」

こういう指摘は言うのは簡単です。
でも、やるのは大変です。

学びに来てくださる受験生に、
「モノを言うなら、まず自分がやる」
という姿勢を徹底しています。

教採コンシェルジュはなってからの方が鍛えられるのです。

たくさんの研究授業をこなしていても、
本を書いていても、
なかなか指摘ができません。
だって、自分が「やってみせる」という責任が出ますから。

こうして鍛えられる力があります。
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました