【教採】8つの条項を覚えれば、受験用の地方公務員法はマスター!

筆記試験

地公法って何の略か覚えましたか?

それは大丈夫です。

地方公務員法ですよね。

先生ってほとんどが地方公務員ですから。

よく勉強していますね。

この地公法、出題傾向にかなりの偏りがあります。

それが分かると勉強内容を絞ることができますね!

まずは必要なところを覚えて、

ゆとりがあれば他のところも、

と言う学習が効率的です。

ぜひ教えてください!

出題範囲が偏る「地方公務員法」

地方公務員法は教員採用試験を受験する方にとって「覚えていて当たり前」の内容となります。

これは教員採用試験が、都道府県や政令指定都市など、
自治体の教育委員会によって行われるからです。

みなさんは教員採用試験を突破すると「地方公務員」になります。
関連する地方公務員法(ここからは「地公法」と記載します)を覚えているという前提のもとで職務を行うことになるからです。

その地公法。
出題範囲がはっきりと偏ります。

多く出題されるのは、複数ある条項の中でも、

服務

の項目です。

「服務」とは「仕事をすること」です。
仕事をするのにあたって、必要なことを記載している条項です。

それではいくつくらい、どのような内容が書かれているのか見ていきましょう。
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました