知り合いから「人を動かす」を勧められ再読

週末に会った知り合いから「人を動かす」と言うカーネギーの本を勧められました。世界的名著、ビジネスのバイブルなどと評されることもある本です。

勧められた時に「読んだ」ということもできます。しかし、読んだのは20年くらい前。内容はすっかり忘れています。「すぐに読みます」と返事をしました。その場でamazonで購入です。

自宅に帰り、本棚を見るとやっぱり…ありました。こうして2冊、3冊同じ本を買ってしまうことはよくあります。

損したとは思いません。人はその時々に必要な情報があります。同じ本でも繰り返し読むに堪える本は、飛び込んでくる情報が変化します。

ということで読み返し始めました。

「人に好かれる6原則」をタイトルだけ紹介します。
①誠実な関心を寄せる
②笑顔を忘れない
③名前を覚える
④聞き手にまわる
⑤関心のありかを見抜く
⑥心からほめる

ビジネスの本ですが、学級経営でも共通します。どちらも対人関係能力が重要だからです。例え、1年目の新採教員でも、クラスを引っ張るリーダーだからです。

他にも、人を動かす3原則、人を説得する12原則、人を変える9原則など、様々なものがあります。それぞれが個人面接や集団討論などの教採はもちろん、学校に出てからも使えます。

よろしければ、皆さんもぜひ読んでみてください。

ちなみに、、、教えてくださった方に「読みました」という報告と内容の感想を簡単に送付しました。こうしたちょっとしたことが次の情報交換に役立ちます。

教採Zoomとアーカイブ動画で面接&模擬授業の力を伸ばす!

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。