願書

基本

■教採■3つのコツで激変!願書や小論文等「書き物」で高得点を取る

TwitterやInstagramはできても、願書や小論文は苦手という方が多いです。お役所系の文章にはコツがあり、それを理解していないことが原因だと考えられます。3つのポイントを知り、教採突破を目指せる文章づくりができるようになりましょう。
基本

【教員採用試験】志望理由・自己アピールなど『受かる願書』の書き方

合格した『実例』をもとに「志望理由」や「自己アピール」の書き方を紹介します。教員採用試験の願書を書き始めて、手が止まってしまうのは、これらの部分ですので、例をもとに書き方のコツを学んでいきます。憧れの『先生』になる第一歩をスムーズに切りましょう!
教員採用試験

【長所と短所の伝え方】願書や自己PRで面接官に好印象を持たれる紹介方法

オリジナリティあふれ、自分の意図を正確に伝えるための書き方にはコツがあります。採用試験の願書や面接で必ずと言ってよいほど聞かれるのが「長所と短所」です。誰が書いても似たような文章になりがちな項目を激変させ、第一志望突破を目指しましょう。
基本

【教員採用試験】合格に直結する受かる『願書』の請求方法

教員採用試験の願書は早めにもらった方がよいです。願書には受かるために必要な情報が詰まっているからです。教員採用試験は情報戦と言われます。その情報戦を制する第一歩としての願書請求を受検者自身と自治体職員の立場、両面から考えます。
基本

【カスタマイズ可能】教採試験官の目に留まる自己PR文章の書き方

ありきたりの自己PRでは伝わりません。自分の魅力が試験官に伝わる書き方があります。教員採用試験を突破するための第一関門「願書の自己PR」をクリアするため、システマチックに自分の体験や経験、考え方を抽出して、文章を書いていきましょう。
基本

教採を突破するために自分の魅力を伝えきる自己PRの作り方

合格するための自己PRのポイントは「過程を伝えること」です。教採を突破するあなただけの自己PRを考えます。様々な受賞歴やボランティア経験はあった方がよいですが、教員採用試験はそれだけではありません。大切なのは、今までの過程と教育課題とをどのようにつなげるかです。
タイトルとURLをコピーしました