【講師登録】教諭・常勤講師・非常勤講師の違いから登録方法まで

教員採用試験、ダメでした…

それは…残念でしたね。

倍率が5倍だと、1人合格、4人不合格になるわけですから、数値的には不合格の方が多くなるのですけど…

辛いことに変わりはありませんよね。

はい。

でも教員になりたいので「講師登録」をしようと思っています。

「講師」っていうのがよくわからないので、初歩的な部分から教えていただいてもよいですか?

もちろんです。

講師になれば先生としての経験を積むことができます。

しっかり理解してから登録をしましょう。

教諭と講師の違い

公立学校で「先生」と言われるお仕事には、大きく分けて3種類の雇用体系があります。

教諭
常勤講師
非常勤講師

です。
まずはそれぞれの違いについて理解しましょう。

雇用給与職務
教諭正規月給
常勤講師非正規月給教諭と同等
非常勤講師非正規時給教科・時間など限定的

教諭

教員採用試験に合格すると「教諭」になるための名簿に搭載され、翌年から新規採用職員としての勤務が始まることになります。

仕事の内容は「先生のお仕事」は全て行えます。
特に制限はありません。
学級担任はもちろんのこと、

学年主任、体育主任、理科専科、生徒指導主任など、経験年数や力量に応じて様々な職務にあたる

ことになります。
管理職に進む道を得られる場合もあります。

給与体系としては、今回紹介する中では最も高く、ボーナスも得られます。

また、雇用期間は定年までとなりますので、自ら退職を選ぶなどをしない場合は60歳まで働くことになります。

常勤講師

1年未満が原則となる雇用体系で働くのが「常勤講師」です。
「え?常勤講師で1年以上働いている友だちがいるけど…」
という場合がありますよね。
そういう場合は確かにあります。

これは、退職金やボーナスの額の調整のためといった理由で、下記のように雇用を1日だけ切られているのです。
(様々な自治体で問題になっていますが、現状変わることはないようです)

月日雇用
前年度4月1日〜3月30日前年度の勤務として雇用
前年度3月31日無職
新年度4月1日〜3月30日新年度の勤務として雇用

実際には、3月31日は忙しい日です。
年度の切り替わりですから。
無職だけれども、働きに学校へ向かうといったこともあります。

常勤講師の契約期間としては、主に2種類あります。

A ほぼ1年(364日)
B 数ヶ月(産休・育休or病休等)

講師登録をする際に、教育委員会から、
「1年間、お願いします」
「○月〜○月の3ヶ月間お願いします」
のように連絡があります。

病休代替(病気休暇を取った人の代わり)で常勤講師になる場合は「初めは3ヶ月だったが結局半年だった」のように、延長することも多いです。

また、仕事の内容は、ほぼ教諭と同等です。
学級担任を持ち、児童生徒への指導を行います。
(学年主任を行うケースはレアなようですが、学校の状況や講師歴によって稀にあるようです)
また、校務分掌と言われるような教科主任や生徒指導部といった職務にもあたることになります。

給与体系としては、月単位で支払われますし、ボーナスもあります。
初任者と常勤講師1年目を比較すると、保険の関係で常勤講師の方が高くなる場合もあります。
しかし、常勤講師としての職務が長くなったとしても昇給はほとんどありません

また、雇用期間は原則当該年度までとなりますので、複数年度働きたいという場合は再度講師登録が必要になります。(一度常勤講師で働き始めると再登録は管理職や事務職員さんが、どうしたらよいかを教えてくれます)

常勤講師は、
給与などの条件はよいが、
勤務時間は教諭と同等となりがちで、
教員採用試験突破を目指す場合は時間の捻出がポイントとなる

と考えておけばよいかと思います。

非常勤講師

非常勤講師は、

週に○時間

といった雇用形態になります。

時間給(月ごとに支払い)

となりますので、アルバイトのような感覚です。
自治体によって異なりますが、時給はおよそ2,000〜2,500円のところが多いです。

また、各種保険などに入ることはできません

勤務内容としては、各教科担当、教務の事務補助などのように限定的な内容となります。
続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました