【人物対策】コミュニケーション力は積み重ね

先日の教採コンシェルジュSchoolで「どのぐらい勉強していますか」という情報交換がありました。

ある学生さんは、「1日3時間程度の筆記対策をしている」とのことでした。この方にもう一つ質問をしました。「どのぐらいの時間、人物対策の勉強していますか」という質問です。人物対策とは、個人面接や模擬授業、集団討論などを指します。「ほとんどしていません」というのが回答でした。

コミュニケーションはスキルです。
筆記対策と同様に練習を積み重ねることが必要になります。どのように話をしたら相手によく伝わるようになるかといった話し方の練習、実際に話す内容そのものを考える準備。この2つが組み合わさり「話す」という行為になります。

先生
先生
先日は「教育実習で最も印象に残ったこと」というテーマについて、エピソードを話す練習をしました。受験までの時間が短くなってきましたが、その中で頻出分野の人物対策をどんどん進めていきます。

合格に向けて頑張っていきましょう。

2022年教採の合格を目指す
すべての皆様へ

教採コンシェルジュSchool

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。