【教採対策】集中力育成法

集中力が続かない、というお悩みがありました。

まだ8ヶ月あると思うと、勉強する気が起きない。やろうとしても集中できない。座ってみてもすぐに勉強をやめてしまう。

集中力の考え方は脳科学的には反対です。それなのに理想から入ってしまっています。

この相談された方は、

①集中力を出す
②勉強をする

という順序で考えています。
これはマンガだけです笑。強くなってからやるタイプですね。

人間は、
①勉強をする(作業をする)
②集中力が出る
という順序です。

勉強なり、作業なり、何かをしないと集中力というのは発揮されないのです。
その集中力を出すために必要な時間は、人や状態によって異なりますが、一般的には5〜10分くらいと言われています。

ということは、勉強をしようと思ったら、うまくできなくても、続く気がしなくても、まずは最低10分は集中したふりをして作業をする、勉強をすると言ったことが必要になるということです。

テレビを消し、スマホをさわれない位置に置いて、まずは10分。
勉強をして、集中力を出してみましょう。

一度出すと60〜75分くらいは持続できます。こうした勉強のサイクルを今のうちに作って、学習することを自分自身にとって通常のことにしていってくださいね。

【限定120名】2022年度受験対策開始
週1回のZoomで個人面接や集団討論の合格できる力を付ける

教採コンシェルジュSchool

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。