【教採個人面接】直前!場に流されないことためには「最初の発言」が重要

「雰囲気が固くて、うまくいきませんでした」
「緊張した空気感に流されて、一緒に緊張してしまいました」
「みんなが疲れていて、自分のヘトヘトになってしまいました」

終わった直後によくいただく感想です。

こうした状況は『場に流されている』と言えます。
自分の人生を左右する試験を受ける場です。
これだけ緊張感が高まる場面というのはそうありません。

こうした時、場に流されないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な対応能力を上げるために最も良いのは、

経験値を積む

ことです。
自分で同様のレベルだと思う場所を何回踏んだかで変わります。

でも、直前に控えている場合はそんなことは言っていられません。
すぐにできる必要があります。

たった一つ。
ポイントとして上げるのでしたら、

最初の発言

です。
場がどのような状態でも、柔らかな表情で、いつもの2倍の声量を出すつもりで最初の発言をしてみてください。

柔らかな表情といっても固まります。
2倍と言っても実際は1.2倍くらいになってしまいます。

それでも、緊張感全開のご自身よりは、いつものご自身に近い形になります。

そこさえ成功してしまえば大丈夫です。
人は、

初動に規定される

という特性があるからです。
それより堅い表情にはなりません。
それより小さな声にもなりません。

よりよい形で面接などの試験を進めていくことができます。

こうしたことは、学校でも活かすことができます。
授業参観、研究授業、職員会議、保護者対応。
ぜひイメージしながら試験に臨んでくださればと思います。

【限定120名】2022年度受験対策開始
週1回のZoomで個人面接や集団討論の合格できる力を付ける

教採コンシェルジュSchool

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。