【教採対策】「LGBTQについての考えを述べる」

LGBTQについて、あなたの意見を教えてください。

個人面接では、こうしたアイデンティティ(個性)へ向けた質問もあります。

これは、個人的に賛成か反対かを回答するための質問ではありません。個人でどのような意見を持っていてもよいです。認めても、認めなくても。自身がそうでも、そうではなくても全く構いません。

考えること、意見を持つこと。これは認められています。

ただし、です。
教員採用試験個人面接での回答となると、方向性は決まっています。

『賛成』の一択です。

なぜか。
それが国なり、地方公共団体の方向性だからです。
皆さんが就職を目指しているのは公務員です。

個人的な思想はあってよいです。でも、職務としての方向性は、全体の奉仕者として合致させる必要があります。

さて、その中身です。自分の意見を伝える時に「賛成」だけでは足りません。

そういう時に使うのが教育時事や一般時事で出てくるワードです。

例えば、多様性、合理的配慮、セクシャルマイノリティ。

具体的な話し方については、また教採コンシェルジュで一緒に学んでいきましょう!

教採コンシェルジュ願書添削
試験のスタートで一歩差をつけたいあなたに

願書添削

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。