【教育時事】教採突破に欠かせない視点

今年も頻出になってくる教育ワードの1つに「働き方改革」があります。朝は7時過ぎから学校へ行き、20時を超えてもまだ残っている方がいる。こういったことが常態化しているのが、多くの学校のリアルな姿です。

それは、教育実習を経験された方の多くが何となく感じておられることではないでしょうか。

「働き方改革が急務だ。なぜ教員が多忙化するのか。それを解消するために何ができるのか」といった課題は、個人面接や集団討論、論作文など、どこの自治体やどの課目でも、出てきてもおかしくはないと考えられています。

こうした教育時事に対して、悪い形で伝えないように、いかに自分の意見を構築して相手に伝えるのか、といったことは教採突破に欠かせない視点です。

働き方改革の他にも、GIGAスクール、いじめ問題、といった言葉は絶対に外せない言葉だと考えられています。どの角度から質問があっても回答ができるように対策をしておく必要があります。

まだまとまっていないという方は、5月7日に実施する講座で学習をしていきますので、もしよろしければご検討ください。学校現場に出てからも、これらへの対策は欠かせませんので。

教採コンシェルジュ願書添削
試験のスタートで一歩差をつけたいあなたに

願書添削

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。