教採で「いじめ」に答える!応用が効く『1,1,3,7の法則』とは。

教員採用試験

いじめは面接だけではなく必須対策内容

いじめは、教員になれば避けては通れない問題です。

認知件数は、40万件を超えています。
47都道府県で割っても8,500件です。

教採対策として必要なだけではなく、
教員になってからも不可欠な課題なのです。

そこで次のことを考えていきます。

1.いじめの見つけ方
2.校内での情報共有
3.具体的対応策

大きく3つに括ります。

1.いじめの見つけ方

いじめは一般的に教師や大人から見えないところで行われます。

児童生徒も、
やってはいけないことだ、
とわかっているからです。

いじめを見つけるつもりでいないと、
見つけられません。
とはいえ、
いつも「いじめはないか」と見ていたらしんどくなりますよね。
また、30人前後の児童生徒の異変に気がつくのは容易ではありません。

どうしたらよいのでしょうか。

手っ取り早いのは、

一緒に過ごす

ことです。
小学校なら「遊ぶ」でしょうし、
中・高なら「同じ場所にいる」です。

物理的に、
教師から見える場所を増やすだけでも、
かなり変わります。

この時に留意点があります。

様々な児童生徒と過ごす

ということです。

いつも明るく朗らかで、話していて楽しい児童生徒がいます。
教師としても、その子たちの方が一緒に過ごしやすい。
となると、相対的に大人しい、1人で絵を描いて過ごしているお子さんとは距離が出ます。

ある子は、月に5回。
ある子は、月に1回。
これを「エコヒイキ」と言います。

そんなつもりではなくても、そう思われるのです。

教師がどう思ったかではなく、
教師がどう思われたかが重要ですから。

絵を描いているなら教えてもらう。
本を読んでいるなら、別の本を同じ場で読む。

少しの工夫と留意で、異変に気がつきやすくなります。

異変に気がついても、

「あっ、いじめだ!」
と気が付くことは、まずありません。

ストレートに暴力などの圧力をかけたり、
無視をするいじめなんて、
ほとんどありませんから。

あるのは、

ほんの少しの異変

です。

AさんのグループとBさんの会話が減った?
本を読んでいても集中していない?
給食や弁当を食べるのが遅い?
といったレベルの変化。

一緒に過ごしていれば、
見つけるのは困難ではありません。

片隅にいじめはないかな、と思いながら、
子どもたちと過ごすようにしましょう。

2.校内での情報共有

学年主任へ報告をします。

何か変です、
といったレベルからしましょう。

自分が担当するクラスでいじめ。
報告しにくいことでしょう。
だからこその、

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました