人との出会いから広がる知識

牛の秘密…

今日はちょっとゆるいお話です。

牛を牧場などで見たことがありますか?モーと鳴くあの牛です。オスとメスの比率どのくらいでしょうか?

こういう問題を子どもたちに出す時は、喋らないように指示してから、させてくださいね。答えが知識解決型だと、知っていてその子がうれしくなって話してしまうと、盛り上がりが半減します。
答えを言ってもらうタイミングをコントロールすると盛り上がりは倍になりますから。
こういう時は、ノートに書きなさい、のような指示がオススメです。

ちなみに正解は、すべてメスです。

皆さんが目にする牧場で目にする牛は、例外なくメスです。
オスはお肉にされてしまうため、子牛の時期に売られてしまいます。

だから、牧場にはいないのです。

これは、人工授精の方法が確立されて、オス牛が牧場にいる意味ななくなってしまったためです。

ちなみにこのお話、北海道で牧場を経営している方から教えていただきました。

いろんな方とのお話がこうして子どもたちへ伝えたい話になっていく。

だからこそ、様々な方とお会いすることって大切だなと感じます。

教採コンシェルジュ願書添削
試験のスタートで一歩差をつけたいあなたに

願書添削

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。