学校現場

教採コンシェルジュ

【教採落ちた】講師?公務員?民間企業?これから先を真剣に考える

教採に落ちてしまってまず考えるのは「来年どうする?」です。講師か、それとも他の職業か…となった時に「他の職業って何があるんだ」となります。公務員や一般企業など教員以外の仕事について考えます。ぜひご自身の職業選択を見直すのにお役立てください。
学校現場

【講師登録】教諭・常勤講師・非常勤講師の違いから登録方法まで

「教採落ちた」という時のショックは大きいです。それでも次のことを考える必要があります。その一つが講師登録です。講師ってそもそも何?どんな雇用形態なの?お給料はどうなっているの?仕事は何?といった初歩的な部分から講師登録の方法まで紹介します。
学校現場

【現役先生アンケート】インクルーシブ教育を肌で感じた沖縄一人旅

インクルーシブ教育とは「多様性の尊重」を重視した教育です。最近は『合理的配慮』という形で学校現場でも対応されるようになっています。今回は教採を突破した現役教員の一人旅体験から考えてみます。個人面接の話し方を組み立てるのに役立てられます。
学校現場

【現役先生アンケート】教員にとって必要なことを学んだ料亭バイト

学生時代に身に付けたことが教員採用試験や学校現場でどのように活きるのでしょうか。料亭バイトを4年間行なっていた現役の先生にインタビューをしました。失敗経験から学んだこと、料亭という世界で身に付けたこと等、興味深いお話を伺うことができました。
教育実習

【教採面接】教育実習を「エピソード+学び」で語る3つの具体例

教員採用試験の面接で試験官からよく聞かれる内容に「教育実習での学び」があります。3つの具体例から『エピソードを入れること』と『教員になってから活かしたいこと』をどのように表現するかを紹介します。ぜひ、ご自身に合った形に改変してみてください。
学校現場

【登下校】児童生徒を事件から守る教師・保護者・地域の役割とその限界

川崎の無差別犯、新潟の略取誘拐のように殺害されてしまったものを含めて、年間約100件、児童生徒の略取誘拐事案が起きています。登下校中の児童生徒の安全について警察や学校・地域・家庭は考え続ける必要があるのではないでしょうか。
学校現場

【教育実習】あいさつ・日誌の出し方など『単位認定』のためのルール確認

たった1人で母校へ、教育大などで仲間と附属小学校へ、どちらのパターンでも教育実習は大変です。あいさつや児童生徒との会話、約束の仕方、日誌の出し方など、ほんのちょっと気を遣えると、実習はより楽しく過ごすことができますので、一緒に勉強していきましょう。
学校現場

《教採受験者:面接対策》Twitter等のSNSトラブル回答例

1,183人。SNSが起因となり児童生徒が犯罪に巻き込まれた人数です。教育課題としても大きく取り上げられることが多く、教員採用試験でよく聞かれる項目です。数値や公的機関の発表などを活用しながら、現場で即戦力となるような回答を心がけましょう。
学校現場

【教採受験者必見】きちんと調べて選択しよう!『先生の給料』編

「働き方改革」と言われるようになり「残業代」「給特法」といった話を聞くようになりました。教員採用試験を受けるのに、将来自分がいただくお給料や現状の課題を知らないのはもったいないです。この機会に現状の課題や残業についての知識を得ましょう。
タイトルとURLをコピーしました