【新型コロナ対策】突然の長期休み:子どもの生活と学力を守る

家庭教育

子どもの生活と学力を守るための過ごし方

新型肺炎で小中学校などは突然の長期休みになりました。賛否はありますが、ここではそれを議論するのではなく、

決定した『長期休み』をどのように乗り切るのか

について考えていきます。

自治体によって差がありますが、短いところで約2週間、長いところで4月まで長期休みになります。学校側で複数枚のプリントを配布したり、自習を進めるように指示があったりしますが、学校もバタバタの中でそういったことを伝えているというのが正直なところでしょう。となると、

最終的に子どもたちの生活や学力を守ることができるのは保護者

となります。何をどのようにしたらよいのか、少しでも参考になればと思います。各家庭や住んでいる自治体によって状況が異なるかと思いますので、それぞれに合わせてカスタマイズしてください。

基本的には夏休みの暮らし方と同じ

現状でという前置きがあっての話ですが、最長で考えると3月2日(月)〜4月5日(日)までが休みになると考えられます。日数に直すと、

約30日間の学校閉鎖

です。夏休みが約40日ですので、それに近い日数になります。
皆さんのご家庭では、普段、夏休みをどのように過ごされているでしょうか。

①共働きなので子どもを学童に預ける
②中学生でクラブに行くので学校があるときと変わらない
③祖父母の家に預ける
④その時期のみパートを休ませてもらえる
⑤もう高学年になったので留守番をさせている

様々な対応があります。いずれにしても、それら「夏休みの暮らし方」を一度検討してみてはいかがでしょうか。保護者の皆様の勤務体系や休みの取り方自体がいつもと異なると思いますので、100%そのままというわけにはいかないと思いますが、それでも少しはご負担が軽くなるかと思います。

夏休みと違う3つのポイントの乗り切り方

子どもたちにとって、通常の夏休みと違う点がいくつかあります。それを理解しておくと、保護者としても、少しだけ対応が行いやすくなるかと思います。

①生活リズムを保つ工夫がない

夏休みは学校から複数の課題が出ます。これらの課題ですが、学校は次の2つの効果を狙って出しています。

A 学力の保持
B 生活リズムの保持

前の学年や1学期に学習した内容を定着させるだけが目的ではないのです。

カレンダーのようなものを配布して、1日の勉強時間を書かせるようなプリントを見たことがあるでしょうか。あれは『生活リズムの保持』を目的としています。今回、学校ではそのようなものを用意しないことがほとんどかと思います。というのも、夏休みの課題は「先生が印刷する」か「業者が作成している冊子などを購入する」のいずれかになるからです。今回、業者が作成している冊子というものは、そもそも存在しません。この時期の長期休みが想定されていないからです。

となると、当てになるのは、先生が印刷するプリントです。しかし、これも夏休みレベルの精度はありません。『夏休みの課題』は、今までの教師の知恵の積み重ねです。夏休みにこのくらいの分量を、このくらいのプリント枚数で出したらよい、というものが積み重なって、子どもたちに配布されるのです。いくらかは渡してくれたとしても、いつもの夏休みのようには考えない方がよいです。

となると保護者はどのようにしたらよいのでしょうか。これは2つの対応が可能です。
1つ目は、

問題集(テキスト)の購入

です。現在、小学校3年生であれば3年生、5年生であれば5年生の問題集を購入しましょう。本屋に行くと様々ありますが、「国語」「算数」の2教科のものが良いです。この2教科は、他の教科よりも積み重ねる傾向が強い強化ですので、きちんと復習をしておくことが求められます。
また、厚さも様々ですが(1日当たり見開き2ページ)×(国語と算数)=4ページが最低分量です。続かないことを考えるよりは、少なめでもできることを優先させて問題集を選択しましょう。

【問題集(テキスト)の購入ポイント】
①お子さんの「今の学年のものを購入」
②教科は「国語と算数」
③1日当たりの分量は4ページ(国語2ページ・算数2ページ)

2つ目は、

スケジュールカレンダーの活用

です。お子さんや保護者の方の生活に合わせてスケジュールを立てていきましょう。ポイントは、保護者の方が無理をしないことです。

また、これは平日のみでも構いません。まずは学校がない期間をどのように乗り切るかが大切です。
【参考】平日(保護者が勤務日の場合)

お子さん父母
7:00起床・洗顔・食事起床・洗顔・食事
8:00パパ出勤
9:00学童へ出発ママ出勤
10:00学童
11:00学童
12:00学童から帰宅
13:00問題集
14:00テレビ
15:00ゲームママ帰宅
16:00夕飯のお手伝い
17:00夕飯
18:00
19:00お風呂パパ帰宅
20:00
21:00就寝就寝

スケジュールを作る時のポイントは、

「悪い」と言われがちなものもスケジュールに入れる

ことです。ここで言うとテレビやゲームなどがそれに当たります。そうしたものを見えない形にしてしまうことで無制限になってしまいます。コントロールを付けさせる意味でも明記した方が良いです。

続きは「オンラインサロン」で公開中
登録はこちらから

【新型コロナウイルス対応】学校休校:子どもの遊び場を真剣に考える
子どもを完全に閉じ込めて1ヶ月は非現実的です。となると保護者は、罹患を避けつつ、どこで遊ばせればよいのかを考える必要があります。近所の公園、神社やお寺、海や湖など、人が多くなく、スペースが十分に取れるところはないかを検討してみました。
【新型コロナ対応】子どもの生活を守るために親が考える3つのこと
批判しても始まらないので「ほんのちょっとの無理」「大人が一緒にできる遊び」「読み聞かせ」といった『できること』を考えました。約1ヶ月間、教育場面がなくる子どもが少しでも楽しく過ごせるよう、また、親子のコミュニケーションが取れればと思います。
【新型コロナウイルス対応】学校休校:学習保障のため親ができること
年度末のまとめの時期がなくなり、大きな問題になるのが「子どもの学習保障」です。「勉強なんて教えられない!」という親御さんでも一緒に見るだけで勉強になるだろうサイトを紹介します。問題集などを使った勉強と合わせて活用していただければと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました