面接プリント添削

面接プリント添削
面接プリント添削

「プリントの内容が試験に出た」
「自分の考えを整理できた」
「これがなかったら受からなかった」
といったお声を多くいただいている面接プリントに『添削』がつきました。

例文を読んで、答え方を学び、自分だけのオリジナルを作る。それができるのが『教採コンシェルジュの面接プリント添削』です。

例文そのままではうまくいきません。試験官はプリントの先の追加質問が本当に聞きたいことだからです。だからこそ、プリントでは受験生のみなさん自身のオリジナルを作り、深い回答を導き出していきます

対人練習の回数を増やすだけでもうまくいきません。受験生のみなさん自身の自己開示、自身のことを見つめ直すことが、話の内容の広がりと深さにつながるからです。だからこそ、プリントで自分自身が考えてこなかったことに向かい合っていただきます

みなさんが書かれたプリントすべてに教採コンシェルジュが添削指導を行います。追加サービスを受ける方は、各まとまりごとにZoomで実践練習も行います。

教採コンシェルジュ渾身のサービスのため、各コース10名ずつの限定といたします。

今まで面接や集団討論などで自身のことや教育時事が伝えられなくて合格が得られなかった方は、これが決定版になります。

99枚のプリントに修正代案付きの添削指導

99枚には訳があります。本当は100枚の方がキリが良いのです。それをしていないのは、最後の1枚は受験生のみなさん自身の創造性を元に検討していただきたいという願いからです。

教員採用試験に必要な情報を網羅したラインナップ

面接や集団対策として絶対に外してはいけない項目は10前後だと言われています。教採コンシェルジュでは、これを9項目、99枚のプリントにまとめています。
すべて2022年対策対応済です。
どうしてこれだけ早く次年度の問題作成ができるのか。次年度分の教採の問題作成は、前年度試験の最中には既に始まっている自治体が多いからです。それまでの文部科学省方針、自治体方針、教育の不易や流行など、問題の大枠は確定しています。秋以降はその微調整です。こうした情報を持っている教採コンシェルジュだからこそお出しできるプリント集です。

【プリントラインナップ】
自己紹介
最新教育時事
自治体別対策
教師像
教育論
授業
生徒指導
特別支援教育
保護者

面接プリント詳細ラインナップ

みなさんだけのオリジナル文章を考えやすい驚きの組立

①各項目の要点が明記

対策プリントには、各項目の要点が記載されています。例えば「なぜ教員になろうと思ったのですか?」では、次のような内容があります。

採用試験向けの教員になろうと思った理由ベスト3は、
①憧れの先生がいた
②部活動指導をしたい
③子どもやその成長を見るのが好き
です。皆さんは何ですか。どれでも構いませんが、その『理由付け』を明確にしておきましょう。

ほとんどの採用試験関連冊子では、ここまで詳細な要点の記載がありません。

②オリジナルの例文を記載

それだけではありません。プリントには教採コンシェルジュオリジナルの例文がついています。例えば「なぜ教員になろうと思ったのですか?」は次のように記載されています。

はい、私が教員になろうと思った理由は、小学校時代の担任の先生です。私は引っ込み思案で、休み時間には教室で本ばかり読んでいました。その当時は気が付いていませんでしたが、高校生の時に同窓会があり、その時に先生から、1学期はそばにいた、2学期は一緒に読書、3学期に一緒に遊べるようになった、と笑顔で言われました。そのおかげで今、私は積極的な明るい人と言われるようになりました。この先生のように長い時間をかけて、子どもたちを指導したいと思ったのが理由です。

こうした例文をもとに、みなさんにもご自身だけのオリジナル文章を考える土台を作ることができます。

③オリジナル文章の添削

各プリントは1回ずつ添削指導ができます。合計で約100回の添削。その中では、こうしたらより良いという代案もあります。その方に合った形の要点の記載もあります。話法そのものについても書かれます。繰り返しの中で、教員採用試験はもちろん、学校現場でも活かせる本当の知識を身に付けていくことができるのです。

教員必須の知識と技能への投資

面接プリント添削のゴール設定は、教員採用試験合格ではありません。私たちが面接添削のゴール地点として考えているのは「教員としての3年間を安定して続けること」です。

これは似ているようで異なります。合格して、晴れて念願の教員になる。そこで苦しむ方が多いのです。授業の組立がわからない、生徒指導対応を誤った、同僚との人間関係がうまくいかない。

知識を知り、技能としてできるようになるための添削をします。例えば、「児童と共に成長していきたい」と記載した受験生へのコメントです。

教員になった瞬間からプロです。給与をもらい、結果を出すことが「当たり前」です。スポーツの世界に置き換えるとわかりやすいですね。プロ野球で、他の仲間と共に成長していきたいです、とは絶対に言えません。結果が出ませんから。できる前提で話が行われます。このように考えた時、「自分はできないので、できるようにがんばる」という立ち位置では先がないです。あくまで「プロとして最低限の知識・技能・自信はあるが、更によくなるためにがんばる」というスタンスである方が安心です。

こうした考え方も含めた指導を面接プリントでは実施をしていきます。合格というスタートラインから先も見据えた指導を行うのが、本サービスの特徴です。

更に確実な力を身に付けるためのZoom

※Zoom指導はZoomセットでお申込された方限定のサービスです。

開始前に一度、約20枚の添削に付き一度ずつ。合計6回のZoom指導を行います。みなさんが作成し、添削により修正した内容をどのような表情、間の取り方、抑揚で話せばよいかを綿密に練習するためです。

こうした内容は技能です。技能の最も効率的な学習方法は、お手本を見て、それを真似し、自分のものにすることです。あらゆるスポーツや文化の世界でも、それは共通する考え方です。教採コンシェルジュはみなさんが満足するレベルでのお手本が可能です。この自身の源は、教採コンシェルジュを名乗れるのは、教職経験があって当たり前、その中で困難と言われるクラスを複数回持ち、責任のある立場を経験し、成功体験だけではなく失敗も多くして、そこから立ち上がってきたものだけだからです。お手本も見せます。代案もします。みなさんの修正ポイントを手順を考えながら的確に行います。

必ず力を付ける。それが、この面接プリント対策に込められた私たち教採コンシェルジュの意思です。

面接プリント添削:希望者の方へ

募集人数

人数に達し次第、締切とさせていただきます。
※約100回の添削、かつコースによっては6回のZoomがつきます。教採コンシェルジュの質の高いコメントなどを担保するため、少人数になることをご了承ください。

面接プリント添削10名
面接プリント添削+Zoom6回10名

料金

初回で買い切りとなります。教採コンシェルジュSchoolのような月額制ではありません。

面接プリント添削198,000円
面接プリント添削+Zoom6回268,000円

学習の流れ

面接プリント添削面接プリント添削+Zoom6回
①お申し込みいただいたら、面接プリントのダウンロードリンクを送付します。そこから面接プリントをダウンロードしてください。①お申し込みいただいたら、面接プリントのダウンロードリンクを送付します。そこから面接プリントをダウンロードしてください。また、初回Zoomの日程を決めます。
②ご自身のペースで面接プリントにオリジナル文章の書き込みをしてください。②初回Zoomを行い、プリント添削の進め方やペース、受験生の皆様の得意・不得手などについて伺い、対応策を検討します。
③1枚完成したら、申込時に教採コンシェルジュからお伝えしているフォームに送付をしてください。
※各プリントで1回ずつの添削が可能です。
③2回目Zoomまでに添削を進めます。2回目Zoomでは、添削を終えたオリジナル文章を元に、実践方練習をします。
※添削は左と同様の形で実施します。
④72時間以内を目処にコメントを付けてお返しします。
※プリントが集中した際にごく稀に回答が遅れる場合があります。
④これを最終回(6回目)までのZoomと99枚のプリントで進めながら、ご自身の実力アップを図ることができます。
⑤99枚のプリントを進めるにつれて、ご自身の実力アップを図ることができます。

 

カテゴリー:商品

面接プリント添削

販売価格¥198,000(税込)

在庫在庫有り

面接プリント添削+Zoom6回

販売価格¥268,000(税込)

在庫在庫有り