【教採面接対策無料プリント】教育論11:人権の尊重の考え方

先生
先生
関連する法律として「人権教育・啓発推進法」があります。ここでは、「国民が、その発達段階に応じ、人権尊重の理念に対する理解を深め、これを体得することができるよう(第3条)」にすることを求めています。

人権の尊重

人間関係や雰囲気は数値で表しにくいですが、確かに存在します。

教職員間、児童生徒間、教職員と児童生徒などの人間関係
学校・教室の全体としての雰囲気

こうしたことを育んでいくためには、自分の大切さと共に他の人の大切さを認めることが必要だと言われています。

例文

私は、人権の尊重のために必要なことは「隠れたカリキュラム」だと考えています。その場の空気や雰囲気といった、教員が意図するか否かに関わらず存在し、児童生徒が感じるものは、教育活動全般の中でも大きく影響することだと感じているからです。例えばいじめであれば、いじめはよくないという知識・理解だけではなく、いじめはよくないという雰囲気が出せるような学級経営を行い、自然な形の人権教育を実施していきたいです。

先生
先生
文部科学省は、例文に出てきた「隠れたカリキュラム」の重要性について、かなり深い部分まで説明をしていますのでチェックをしておきましょう。

■【曖昧なことをはっきりとさせる】
「大切さを認める」といっても曖昧です。こうしたことを、想像力・共感的に理解する力、コミュニケーション能力、調整能力のように明確にしていきましょう。なお、これらの言葉は人権を育むために必要と文科省HPで紹介されているものです。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採Zoomとアーカイブ動画で面接&模擬授業の力を伸ばす!

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。