【教採面接対策無料プリント】教師像9:心身の不調を訴える先生

先生
先生
精神疾患による病気休職者は年間5,000名程度で推移しています。各都道府県でならすと100名程度は毎年病気休職をしていることになります。

5,000名という数値とともに考えていかなければいけないのが理由です。一般企業の労働者との比較をしたデータから見ると次のような状況があります。

・教員は一般企業の労働者よりも疲労度が強く、ストレスがかかっている
・ストレスの理由は、仕事の質と量が最も大きな原因となっている
・教員は上司・同僚に相談しにくいと感じている
引用:文部科学省「教員のメンタルヘルスの現状」(平成24年)

例文

私は心身の不調は誰がなってもおかしくないと考えています。例えば、生涯に15人に1人がうつになると言われています。そういった時代だからこそ、同僚への気遣い、話しやすい環境づくりをしていきたいです。また、もしそのような同僚がいたとしたら、少しの声かけをしてみるといったことや食事に誘ってみるといった配慮をしていきたいです。自分自身も含めて、誰がなってもおかしくないと考えることで、居心地のよい職場環境を築けると思います。

先生
先生
厚生労働省から発表されている数値では名に1名は生涯のうち「うつ」を発症するとなっています。そういった数値を踏まえて対策を述べましょう。

■【低い離職率】
教員の離職率は0.4%と言われており、他の職種と比較して相当低い数値です。こういった数値からハードな反面、福利厚生や給与が高水準であるという実態が見えてきます。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採への不安を学校現場でも使える対応力や授業力に変換する教採コンシェルジュSchool

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。