【教採面接対策無料プリント】教師像7:教員として守るべき義務

面接プリント
スポンサーリンク

教師像7:教員として守るべき義務について、どのようにお考えですか。

教員の義務は大きく分けて2種類あります。1つは勤務時間中の義務で「服務義務」、もう1つは勤務時間外や休日にも関係する「身分上の義務」です。

服務義務も身分上の義務も地方公務員法に定められています。

服務義務は3つあります。服務の宣誓、上司の職務上の命令に従う義務、職務に専念する義務です。

身分上の義務は5つです。信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、政治的行為の制限、争議行為の禁止、営利企業等の従事制限です。

教員採用試験の面接では、「身分上の義務」の方が話しやすいです。

例文

私は教員として守る義務として、秘密を守る義務に留意すべきだと考えています。保護者から学校のことや生徒のことを聞かれ答えたり、勤務時間外に先輩教員とレストランなどで会話をしているのを聞かれたり、という形で、気を抜いてしまうと情報を出してしまう可能性があるからです。法的なことを知っていても、実際の運用については勉強不足ですので、今後管理職から教えていただいたり、研修で学んだりしていきたいと考えています。

「〜たり」は重複して使う言葉です。こうした言葉の使い方に敏感な試験官が多いですので、正しい日本語を使うように心がけましょう。

【勉強不足は悪いことではない】
今回の例文では「勉強不足」という言葉を使いました。今回のように現場での経験や知識が必要な場合は使っても大丈夫です。適切にこうした言葉を使うことで、試験官に積極的に学ぼうとする姿勢を示すことができます。

プリントのダウンロードはこちらから

画像をクリックするか、こちらからダウンロードして活用してください。

【2020年完全版】合格直結!教員採用試験面接対策無料プリント100
「教採面接って何を聞かれるの?」をすべて無料で学べるプリント集です。自己紹介、最新教育時事、自治体別対策、教師像、教育論、授業、生徒指導、特別支援教育、保護者対応など、面接で聞かれることを網羅しているので、これで教採対策はパーフェクトです。
タイトルとURLをコピーしました