【教採面接無料プリント】自治体対策6:本自治体の教育施策の魅力

先生
先生
まずは各自治体の教育委員会ホームページを閲覧することから始まります。自治体によって異なりますが「施策」の部分は読み込んでおきましょう。

例として熊本県を挙げてみます。
「熊本県の主な施策」のところが目を通しておくべきポイントです。
項目を見て、まずは長期的な施策、次に中期・短期の施策を見ていきましょう。
この場合、長期的なものが『熊本県教育大綱』『第2期くまもと「夢への架け橋」教育プラン』、中短期のものが『コロナ対策』になります。

引用:熊本県教育委員会HP

例文

私が貴自治体の施策で最も魅力を感じる部分は、夢という言葉で全体を括っているということです。生きる力、グローバル人材、社会に貢献できる人材などを育むということは、学習指導要領をはじめ、他の自治体でもあることかとは思うのですが、夢という言葉はなかなか見ることはありません。私はこの言葉に、未来を切り開く児童生徒のいる貴県の明るい未来を感じ、魅力だと思いました。

先生
先生
施策自体は指導要領に基づき作成されていますので、自治体ごとに大きな差はありません。しかし、言葉の使い方には特性が出ます。それらを見逃さないようにしましょう。

■【読み方注意の「施策」】
「せさく」は誤読です。正しくは「しさく」です。間違いが多いので気を付けて下さい。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採Zoomとアーカイブ動画で面接&模擬授業の力を伸ばす!

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。