【教採面接無料プリント】教育時事13:育成すべき3つの資質・能力

すぐわかる最新教育時事ワード「育成すべき3つの資質・能力」

・3つの資質・能力は次のもの
①何を知っているか、何ができるか(個別の知識・技能)
②知っていること・できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力等)
③どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びに向かう力、人間性等)
・こうした資質・能力は、人生を主体的に切り拓くための学びの積み重ねとして必要

引用:文科省HP「育成すべき資質・能力を踏まえた教育目標・内容と評価の在り方に関する検討会」

先生
先生
上図は教採頻出です。これまで以上に文部科学省は学習プロセス等の重要性について言及しています。それを踏まえた説明ができるようにしておきましょう。

例文

私は3つの資質・能力について、日々の授業が最も重要だと考えています。知識・技能や思考力・判断力、人間性などは、ある日突然目覚めるものではなく、毎日の積み重ねで育まれていくものだからです。基礎的な授業力を身に付けることや、アクティブ・ラーニングなど現在求められている授業改善の方法を先輩教員に教えてもらったり、研究や研修で身に付けたりしながら、日々の授業を提供していきたいです。

先生
先生
学校教育全体に関わる大きな質問です。このような場合は、いきなり具体例を答えるのではなく、例文のように概要で回答するように心がけましょう。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

教採Zoomとアーカイブ動画で面接&模擬授業の力を伸ばす!

Schoolを見る

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。