【教採面接無料プリント】教育時事12:アクティブ・ラーニング

すぐわかる最新教育時事ワード「アクティブ・ラーニング」

・アクティブ・ラーニングは、学習方法の一種
・一方向的な講義形式の学習ではなく、児童生徒の能動的な学習への参加を取り入れた学習法
・具体例としては、グループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどがある
・学習改善の方法としてアクティブ・ラーニングが挙げられており、「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業改善を行うことで、学校教育における質の高い学びを実現し、学習内容を深く理解し、資質・能力を身に付け、生涯にわたって能動的(アクティブ)に学び続けるようにすることが求められている。

先生
先生
子どもたちが積極的に手を挙げ、相談し、発表する、といった能動的に活動できる工夫をした様々な授業展開をアクティブ・ラーニングと言うことができます。

例文

私はこれからの授業にアクティブ・ラーニングの考え方は必要不可欠だと考えています。多くの知識を持っているだけでは、今後訪れるSociety5.0時代を乗り切れないためです。必要な情報が何かを考え、抽出し、自分なりに加工するためには、ディベートやグループ・ワークなどを行う中で主体的・対話的で深い学びをしていく必要があります。学習過程にこのような視点を取り入れた上で授業をしていきたいです。

先生
先生
赤文字部分の「Society5.0」のように他の教育時事ワードを入れる際には「時代を乗り切れないとはどのようなことかを詳しく教えてください」のように追加質問の可能性があります。対応できるように使う言葉については理解をしておきましょう。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

【3/31までの入校特典】
合格に近づく願書添削が何度でも可能

Schoolについて

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。