【教採面接無料プリント】教育時事11:カリキュラム・マネジメント

すぐわかる最新教育時事ワード「カリキュラム・マネジメント」

・カリキュラム・マネジメントとは各学校が教育課程(カリキュラム)の編成、実施、評価、改善を計画的かつ組織的に進め、教育の質を高めること
カリキュラム・マネジメントは、次の3つの側面から捉える。
①各教科等の教育内容を相互の関係で捉え、学校の教育目標を踏まえた教科横断的な視点で、その目標の達成に必要な教育の内容を組織的に配列していくこと。
②教育内容の質の向上に向けて、子供たちの姿や地域の現状等に関する調査や各種データ等に基づき、教育課程を編成し、実施し、評価して改善を図る一連のPDCAサイクルを確立すること。
③教育内容と、教育活動に必要な人的・物的資源等を、地域等の外部の資源も含めて活用しながら効果的に組み合わせること。

先生
先生
すごく荒く説明すると、カリキュラム・マネジメントはよりよい学校をつくるためにどうしたらよいかを具体的に考えることとなります。

例文

私はカリキュラム・マネジメントの中で重要なのは、今までの既成概念に囚われないことだと考えています。教科横断的な視点であったり、外部人材への協力要請をしたりすることは、これまでの指導内容と同じようにしているだけでは難しい面があるからです。カリキュラム・マネジメントというと管理職に目が向きがちですが、若手だからこそできる柔軟な考え方で提案をしていきたいと思います。

先生
先生
学校づくりとなると管理職だけに目が向きがちですが、すべての教職員がその必要性を理解することを求められています。またキーワードとして「社会に開かれた教育課程」がありますので、そういったことも話せるとよいです。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

【3/31までの入校特典】
合格に近づく願書添削が何度でも可能

Schoolについて

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。