【教採面接対策無料プリント】教育時事8:全国学力・学習状況調査

すぐわかる最新教育時事ワード「全国学力・学習状況調査」

H31の結果から課題や質問紙の一部を抽出すると
・【課題】目的や意図に応じて自分の考えの理由を明確にし、まとめて書いたりすること
・【課題】漢字(同音異義語)を文の中で正しく使うこと
・【課題】問題解決をするために、どのような代表値を用いるべきかを判断すること
・【質問紙】「授業では、課題の解決に向けて、自分で考え、自分から取り組むことができていると思うか」に肯定的に回答した小中学校の割合は昨年度より増加しており、8割を超える。
・【質問紙】「授業でもっとコンピュータなどのICTを活用したいと思うか」に肯定的に回答した割合は、児童生徒ともに8割程度。

先生
先生
国立教育政策研究所HPには、こうしたデータが掲載されています。すべてを読むのは大変なので結果の概要を読むことで理解していきましょう。

例文

私は全国学力・学習状況調査の結果から、子どもたちの意欲を高める授業の工夫が必要だと考えました。質問紙から意欲が高い児童生徒の成績が高いという結果が出ているためです。その具体的な方法として、ICTを活用したり、児童が相互に対話をしたりするような授業展開をしていきたいと考えています。子どもたちに求められている学力を、求めている方法で学ばせること、でテストの結果はもちろんのこと、授業の質も高めていきたいです。

先生
先生
学力を高める、生活をよりよくするというのはゴール地点です。そのゴールまでどのような方法で到達するのかについて自身の考えを話す必要があります。指導法や学級経営の工夫から、そうした過程について伝えていきましょう。

プリントのダウンロードは「教採コンシェルジュSchool」から

【3/31までの入校特典】
合格に近づく願書添削が何度でも可能

Schoolについて

関連情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。